小学校のプールを、ウミガメやサメがのびのびと泳いでいる……! 廃校舎を水族館にしてしまったという施設「むろと廃校水族館」(高知県室戸市)が、珍しい鑑賞体験を味わえる場として大きな注目を集めています。4月26日のオープン後、ゴールデンウィークの9日間だけで1万人が訪れるという人気ぶり。来館者数は累計1万5000人を超え、誰もいなかった校舎が再び活気を取り戻しています。

【写真】廃校舎を魚たちが泳ぎ回る様子

 「むろと廃校水族館」は2006年に児童減少により廃校となった旧椎名小学校を再活用した水族館。3階建ての校舎は、1階はエントランス、2階は水槽のある鑑賞ゾーン、3階は骨格標本などを置いた展示ゾーンに。3~3.5メートル大の円形水槽3基、小さめの四角い水槽16基を設置し、室戸沖の海洋生物を90種類ほど展示しています。

 人気の理由の1つは、小学校内をたくさんの魚が泳いでいるという非日常感です。教室のど真ん中に円形水槽が立ち、数百匹のサバの大群が回遊。廊下に水槽が並び、マツサカウオやタカアシガニといった室戸の生き物が彩ります。手洗い場も海水が張られ、ヒトデやナマコと触れ合える「タッチプール」に変身。うがいや歯磨きをしたり、書道の筆を洗ったりと、あの思い出深い銀色の槽内に海の生き物が漂っています。

 特に目を引くのは屋外プール。おなじみの25メートルコースを、アオウミガメやクロウミガメといったウミガメが20匹、他にもサメやエイがゆうゆうと泳いでいます。来観客もその様子を校舎の2階から見下ろして興奮の声をあげているそうで、先日Twitterに来観客が投稿した動画は5万回以上リツイートされるなど反響を呼びました。教室の窓から見えるプールに魚影……白昼夢が現実になったような光景にわくわくせずにはいられません。

 「学校の懐かしい雰囲気を楽しんでくれるお客さんも多いです」と話すのは、室戸市観光ジオパーク推進課・課長の山崎桂さん。

 館のキャッチコピーは「いつでも参観日」。校舎内には実際に学校で使われていた机や椅子をそのまま置いたり、黒板にスケジュールや解説をチョークで積極的に書いたりと、魚だけでなく昔ながらの学校らしさを出すことにも力を入れています。理科の実験で使うビーカーやてんびん、社会の世界地図など、年季の入った用品をオブジェとして展示することも。それらを年配客が凝視していたりと、普段は立ち入れない小学校の空気を味わえる空間としても好評を博しているようです。

 廃校舎を水族館にするという試みは、室戸市でウミガメの研究をしているNPO法人・日本ウミガメ協議会のアイデアから始まりました。

 室戸市が廃校舎の再活用の意見募集をしていたところ、同協会がプールでウミガメの飼育をしながら研究もしたいので、水族館を運営するのはどうかと提案。室戸沖で穫れる海洋生物を展示することで、室戸の資源を生かした観光交流の拡大、地域の活性化につなげていけるという狙いのもと、改修計画が決まりました。

 展示する生き物は地元漁業関係者に協力してもらえることに。室戸沖の漁で中心となっている、沖合で潮の流れを読んで網を仕掛けて待つ「定置網漁」で獲れた魚のなかで、市場では扱わないような生き物を提供してもらっているそうです。おかげで室戸沖の海中の世界を、校舎の水槽で生き生きと映し出せています。

 オープン後から約1カ月半で、来場者数は累計1万5000人超え。特にゴールデンウィークは1日2000人以上の日もあるなど多くの人が足を運び、山崎さんも「正直ここまでの人が来てくださるとは思っていませんでした」と驚きます。室戸沖の生き物の珍しさに興味を示すのは県外客だけでなく、地元客にも「室戸にはこんなにいっぱい魚がいたんだ」と地域の魅力を再発見してもらえているそうです。

 今後の展示については、「これから夏にかけて海が暖かくなり、変わった魚や大型魚が定置網に入ってくると思います。そうした室戸沖の自然の魚を水槽に入れることで、企画を練らずとも色とりどりで魅力的な展示になると期待しています」とのこと。

 8月25日~9月2日は“夜間学校”と称し、22時まで小学生の夏休みの宿題を手伝う企画も準備中。もはや“廃”の文字はふさわしくない賑わいを手にした旧椎名小学校――廃校舎の再活用モデルとして全国から注目を浴びていきそうです。

小学生の代わりにアオウミガメやハンマーヘッドシャークなどが泳いでいます