誰もが認める若手の実力者である。近藤誠也五段(21)が2015年度のデビュー後、積み上げた通算成績は132戦93勝39敗、勝率.705。164人いる現役棋士のうち、10人しかいない「7割超え棋士」の一角だ(ちなみに他の9人は羽生善治竜王、菅井竜也王位、豊島将之八段、永瀬拓矢七段、藤井聡太七段、千田翔太六段、増田康宏六段、都成竜馬五段、大橋貴洸四段。錚々たる、としか言いようがない面々である)。

 ルーキーイヤーで初参加した王将戦予選でいきなり大活躍を見せる。1次、2次予選で7連勝を飾り、棋界最難関とも称される王将リーグ入りを果たした。四段の王将リーグ入りは1989年度の屋敷伸之現九段以来、26年ぶりの快挙だった。


 順位戦でもC級2組の2期目に9勝1敗の好成績を残し、C級1組に昇級。デビューわずか1年半で五段昇段を果たしている。


 今期も王位戦予選で名人経験者の丸山忠久九段を下すなど4連勝して王位リーグ入り。力を再び証明したが、リーグでは、松尾歩八段からは白星を挙げるものの、羽生竜王、木村一基九段、谷川浩司九段、村山慈明八段に敗れ、残留はならず。トップの厚い壁を破ることは出来ておらず、ブレイクスルーポイントを探しているのが現状と言えるだろう。


 参加するのはAブロック。橋本崇載八段(35)とは初手合だが、あとの2人とは浅からぬ因縁がある。三枚堂達也六段(24)とは公式戦で5局指して全敗。実力者同士であることを考えれば意外な星取だが、将棋界では度々ある現象だ。1勝すれば、公式戦での巻き返しにもつながるだろう。藤井聡太七段(15)とは昨年度の竜王戦6組決勝の大一番で激突し、敗れている。デビュー19連勝が懸かり、殺到した報道陣の前で敗れているだけにリベンジに燃えているはずだ。


 早指し棋戦では、予選3連勝が条件になるNHK杯でデビュー後の16年度から3年連続本戦出場。今期も5月に放送された1回戦で井手隼平四段(27)を下しており、どこまで駒を進められるか注目だ。


 大のプロ野球フリーク。西武ライオンズと涌井秀章投手のファンだ。四段に昇段した2015年は、涌井投手が自らの地元・千葉をフランチャイズとするロッテに移籍して2年目で最多勝を獲得した年。四段昇段当日の会見で「涌井が地元に来てうれしい?」と質問されると「いえ、自分はやはり西武が好きなので…」とライオンズ愛を語っていた。


◆AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 将棋界で初めて7つのタイトルで永世称号の資格を得る「永世七冠」を達成した羽生善治竜王が着想した、独自のルールで行われる超早指し戦によるトーナメント。持ち時間は各5分で、1手指すごとに5秒が加算される。羽生竜王が趣味とするチェスの「フィッシャールール」がベースになっている。1回の顔合わせで先に2勝した方が勝ち上がる三番勝負。予選は藤井聡太七段が登場するA組からC組まで各4人が参加し、各組2人が決勝トーナメントへ。シードの羽生竜王、久保利明王将を加えた8人で、最速・最強の座を争う。

(C)AbemaTV

▶6/17 20:00~ 第1回AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 #1-1