産経新聞社は創刊85周年記念事業の一環として、「ふくのわプロジェクト」の衣類回収とパネル展を6月15日から20日まで、東京サンケイビル地下1階で開催しています。また6月20日には、85周年記念「ふくのわマルシェ」を実施し、過去に寄せられた衣類の一部を販売するとともに、ふくのわプロジェクトオフィシャルパートナーの富士紡ホールディングスの協力で、同社製品のチャリティー販売を行います。
ふくのわプロジェクト会場
「ふくのわプロジェクト」は「衣類のリユースでパラスポーツを応援しよう!」を合言葉に、家庭や企業で眠る衣類を集め、専門企業などに売却し、その収益金をパラスポーツ発展のために競技団体に寄付するものです。平成28年にスタートし、28、29年度の東京都環境局「持続可能な資源利用」に向けたモデル事業の一つに選ばれました。今年度からは、東京都教育庁の教育現場と連携を深めています。

【開催概要】
1.衣類回収&パネル展
6月15日(金)午前11時~6月20日(水)午後5時まで
(※20日のマルシェ時間帯以外は終日、無人です)
2.ふくのわマルシェ
6月20日(水)午前11時~午後1時30分
過去に寄せられた衣類の一部、富士紡ホールディング製品のチャリティー販売を実施
3.会場:いずれも東京サンケイビル(東京都千代田区大手町1-7-2)
プロモコーナー1《地下一階、生花店、スターバックスの隣のスペース》

配信元企業:株式会社産業経済新聞社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ