マックスマーラは、2018年度ウィメン・イン・フィルム『マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞(R)』に、アメリカの女優アレクサンドラ・シップを選出。6月13日(水)にカリフォルニア州ビバリーヒルズのザ・ビバリー・ヒルトンにて行われた授賞式では、マックスマーラのグローバルブランドアンバサダーであるマリア・ジュリア・プレツィオーゾ・マラモッティより、受賞の証であるトロフィーを授与しました。
『マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞(R)』は、映画、TV業界で目覚ましい活躍を見せ、将来が期待される新鋭女性に贈られる賞として、2006年に『ウーマン・イン・フィルム クリスタル+ルーシー賞(R)』内に創設されました。過去の受賞者の中には、ゾーイ・ドゥイッチ、ケイト・マーラ、ローズ・バーン、クロエ・グレース・モレッツ、ケイティ・ホームズ、エミリー・ブラントなど、ハリウッドを牽引する女優達が名を連ねています。

今年度の受賞者に選ばれたアレクサンドラ・シップは、『X-MEN: APOCALYPSE』に登場するモヒカンヘアのスーパーヒロイン、ストーム役を演じ注目を集めました。多くのメディアから新星の映画スターとして取り上げられ、11月公開の次回作『X-Men: DARK PHOENIX』においても、引き続きストーム役を演じています。また、アメリカで3月に公開された青春映画『LOVE, SIMON』では、注目の若手俳優達と共に、主人公の友人役を好演。4月には、ジョージ・ハーラー原作のサスペンス映画『SPINNING MAN』にも出演しています。さらに、6月公開予定の『SON OF SHAFT』では、サミュエル・L・ジャクソンとの共演を果たしました。(いずれも日本公開日未定)
シップは、今回の受賞について「ロサンゼルスに移り住んでからずっと畏敬の念を抱いてきた団体『ウィメン・イン・フィルム』に認められるということは、非常に光栄です。マックスマーラは、母が愛用しているのを子供の頃から見ていたので、自分も大人の女性になったら着てみたいと願っていた憧れのブランドです。今回の受賞を謙虚に受け止め、心から感謝します」と述べています。また、マックスマーラのグローバルブランドアンバサダーであるマリア・ジュリア・プレツィオーゾ・マラモッティは、「マックスマーラは創業以来、様々な業界で活躍する女性達の才能・地位を向上させ、権限を与えることに全力を尽くしてきました。ですので、ウィメン・イン・フィルムとのパートナーシップや、マックスマーラのDNAを体現する本賞を、とても誇りに思っています。今年度受賞者であるシップは、素晴らしい才能だけでなく、内面の美しさや、自分の仕事に情熱を注ぐ人が醸し出すエネルギーと、エゴのない謙虚な精神を持ち合わせている女性です。自分が決めたことに対して真剣に取り組むその姿勢を、心から尊敬しています」と祝福の意を表しました。
授賞式前夜にはカクテルパーティーが開催され、映画界で活躍する多くの女優、セレブリティが祝福に駆け付けました。世界中で大人気のドラマシリーズ『13の理由』に出演するキャサリン・ラングフォードとアリーシャ・ボーをはじめ、話題のドラマ『ウエストワールド』に出演するアンジェラ・サフィアン、『SHARK カリスマ敏腕検察官』『CSI:科学捜査班』等に出演し、数々の若手アーティスト賞を受賞した経験を持つ実力派女優のダニエル・パナベイカー、ファッションモデルとして活躍するスキ・ウォーターハウスらが、マックスマーラの衣装に身を包み、世界中のメディアから注目を集めました。
マックスマーラ ジャパン
www.maxmara.com

配信元企業:株式会社マックスマーラ ジャパン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ