米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは14日、トランプ米大統領が中国に対する制裁関税の発動を承認したと報じた。対象製品は500億ドル(約5.5兆円)規模。発動されれば中国も同じ規模の対抗措置に出る方針で、米中間の「貿易戦争」が本格化する公算が大きくなった。日本を含む世界経済への影響も懸念される。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら