パナソニックは、座ってバランスをとるだけで体幹トレーニングができる「コアトレチェア(EU-JC70)」(2017年2月発売)を用いた運動(コアトレ運動)が糖代謝へ及ぼす急性効果を実証し、5月26日(土)に行われた「第61回 日本糖尿病学会年次学術集会」において実証結果を発表しました。



食後のコアトレ運動が血糖上昇を抑制

検証は、愛知学院大学の宇野智子教授、愛知みずほ大学の佐藤祐造教授らにより行われ、次のようにまとめられました。



・コアトレ運動30分は歩行30分とほぼ同等の運動効果である
・コアトレ運動では坐位において深層筋の他動的運動負荷を行うことにより、深層筋の筋収縮が誘発され、これによって、筋におけるエネルギー需要が高まり、糖代謝の亢進がもたらされたと推察される
・コアトレ運動の食後実施は糖尿病患者の食事による血糖上昇を抑制し、血糖コントロール状態の改善が今後期待できる



(画像はプレスリリースより)



外部リンク

パナソニックのトレーニング機器「コアトレチェア」を用いた運動が糖代謝に及ぼす急性効果を実証



パナソニック「コアトレチェア」が血糖コントロール状態を改善