株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、 代表取締役社長:中井清和)は、2018年6月1日~6月10日に、2019年3月卒業予定の学生を対象に就職活動・内々定に関するWeb調査を実施いたしました。

■調査結果概要
・内定(内々定)率「68.0%」と7割に迫る高い水準に。文理別では文系「64.0%」、理系「74.5%」となった。
・就職活動の継続率は「69.5%」と、前月の「87.1%」とから17.6ポイント下落。
・内定(内々定)保有者のうち、1社の内々定獲得が「44.3%」、複数の内定(内々定)獲得が「55.7%」。複数の内定(内々定)獲得学生の方が、入社の意思決定が進んでいる傾向に。

詳細データについては、
https://service.gakujo.ne.jp/data/naiteiritsu201806
からダウンロードしてごご覧ください。
学生の内定(内々定)率は「68.0%」と7割に迫る数値となりました。先月と比較して20%以上増加しており、半数を大きく上回る学生が内定(内々定)を獲得しています。

また、文理別では文系「64.0%」、理系「74.5%」となっており、理系学生の内定(内々定)率は文系より10%多くなっており、理系学生の採用が今年も難しくなっています。

就職活動の継続率は「69.5%」と、前月の「87.1%」とから17.6ポイント下落しおり、6月に入り就職活動を終える学生がやや増えたものの、依然として3人に2人の割合の学生が就職活動を継続しています。

配信元企業:株式会社学情

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ