【元記事をASCII.jpで読む】

 「ベストショットの写真や動画を撮りたい!」そんな願いを叶えるシャープのフラッグシップスマートフォン「AQUOS R2」が、ドコモ、au、ソフトバンクから発売された。

 「AQUOS R2」の最大の特徴は、背面のデュアルレンズカメラだ。なんと、超広角レンズで4Kムービーを撮影しながら、AIが自動的に2260万画素カメラでシャッターチャンスを撮影してくれる。撮影した動画や写真は、すぐにTwitterやFacebook、Instagramなどに投稿できるのだ。

 では、注目のハイスペックモデル「AQUOS R2」の実際の使い勝手を、実際の4Kムービー撮影や写真撮影を中心に紹介していこう。

高画質カメラ+動画専用の
デュアルレンズカメラを搭載

 なぜ「AQUOS R2」は、動画専用で4Kムービー対応の超広角1630万画素カメラと、高画質な2260万画素カメラの組み合わせとなるデュアルレンズカメラを搭載しているのだろうか。

 その答えは、スマホのムービー撮影でありがちな撮影ミスをなくして、誰でも簡単にSNSなどで見かけるような見栄えのするムービーを撮影できるようにするためだ。

 動画専用の「ドラマティックワイドカメラ」は、超広角135度のレンズで肉眼よりも広い範囲をダイナミックに撮影できるのが魅力だ。また、走り回る子どもを撮りたい場合もカメラを振り回さずに済むので、結果的に見やすい動画を撮りやすくなる。

 さらに、動画専用に全体にピントが合った映像を撮れる「ディープフォーカス」を採用。ピントを合わせる動作をなくすことで、たとえば子どもが動くたびにフォーカスが合わなくて画面がボケるといったトラブルを防いでくれる。もちろん、強力な電子式手ぶれ補正により動画のブレも少ない。これなら、家族や友人に見せやすい子どもの動画を簡単に撮れるというわけだ。

AQUOS R2」のディープフォーカス撮影動画

 もちろん、高画質な写真を撮りたい場合は静止画向けの2260万画素カメラを使うのがベスト。こちらはより繊細なピント合わせで、見栄えのする写真を撮影できる。動画専用カメラとは別に静止画向けカメラを搭載している利点は、次の特徴から深く見ていこう。

「AIライブシャッター」で4K動画と同時に
ベストショットの高画質写真を撮る!

 「AIライブシャッター」は動画撮影中に、AIが笑顔や構図を判断して自動的にベストショットの2260万画素の写真も撮影してくれる機能だ。動画の撮影に夢中になりすぎて、あとから「写真も撮っておけば良かった!」と後悔しがちなユーザーにとっては画期的な機能といえる。もちろん、自分で好きなタイミングでシャッターを切ることも可能だ。

AQUOS R2」のAIライブシャッター


 撮った動画を再生する際は、動画といっしょに自動撮影した写真も表示できる。また、自動撮影した写真の一覧から簡単にその前後10秒などのショートムービーとして切り出してSNSへ投稿できる。

 長い動画を撮った場合、あとから使いたいシーンを探してショートムービーを切り出すのは、かなりめんどうだが、「AQUOS R2」ならこの切り出し作業を大幅に省略できるのはうれしい。特に、自然の絶景や大規模なイベント、何かをしているペットなどを長時間撮影して、そのうち一瞬だけをSNSなどに投稿したい場合はかなり助かる機能だ。

 実際にこのAIライブシャッターを使い始めると、多くのシーンで動画を積極的に使うようになった。なにしろ、動画のシャッターチャンスを逃さないという確実性と、静止画向けカメラの高画質撮影を両立できるのだ。「AQUOS R2」のデュアルレンズカメラは、スマホのカメラの使い方を根本的に変えるだけの魅力がある。

静止画2260万画素カメラの画質も最強クラス

 ここまで動画撮影について紹介してきたが、もちろん2260万画素カメラの静止画撮影も高品位だ。「AQUOS R2」はAIが被写体を自動認識して、ベストな撮影モードに切り替える機能も搭載。花火や料理、夕景や猫など9種類の被写体やシーンなどを自動的に認識すると、それぞれに合わせたベストな設定で撮影できる。

 夜景や暗所撮影では、新画質エンジン「ProPix」でノイズを抑えた写真を撮影できる。

 ホワイトボードを撮ると、ホワイトボードの内容を読みやすい向きに自動補正する機能も搭載。このほか、QRコードにレンズを向けると自動でQRコードを認識する。

 このほか、背景ぼかしや、写真の構図を自動補正するインテリジェントフレーミング、マニュアル撮影といった機能も搭載する。基本はオート撮影のままで問題ないが、カメラ好きのこだわり撮影にもしっかり対応する懐の深さもある。

 もちろん。インカメラも高画質1630万画素と高精細。複数人でのセルフィーを撮りやすい広角90度レンズを搭載。背景ぼかしは、複数人でのセルフィーにも対応。パーティーなどで複数人のセルフィーを撮る際、背景がいい感じにぼけた雰囲気のある写真を撮れる。

表示性能も処理能力もハイエンド
ふだん使いに便利な機能をフル満載

 「AQUOS R2」のメリットは静止画+動画のデュアルレンズカメラだけではない。シャープならではの高画質かつ滑らか表示の約6インチのWQHD+(1440×3040ドット※)解像度IGZOディスプレーを採用したこともメリットのひとつ。さらに、ディスプレー表面に水滴がついていてもスムーズに操作できるため、キッチンやアウトドアの水場でもストレスフリーだ。

※画面が完全な長方形として算出した解像度

 処理性能でも最新のハイエンドSoC「Snapdragon 845」(2.6GHz+1.7GHz、オクタコア)を搭載。実用アプリも3Dゲームもサクサクと楽しめる。さらに端末中心部の金属板と2枚の放熱シートにより内部の熱を効率的に放熱する独自の設計により、長時間の動画鑑賞やゲームプレイも快適だ。

 「大事なスマホにはケース(カバー)を付けて使いたい」と考えているユーザーにオススメなのが専用カバー「AQUOS Frosted Cover」。カバーを閉じたままでも指で触った範囲がクリアになり通知を確認できるほか、電話着信やアラーム通知時に自動的にクリアになり、カバーを閉じたまま操作可能だ。また、カバーを閉じた状態で画面を長押しすると「Frost Sign」モードとなり、画面に記号を描くとモバイルライトのオン/オフや音楽再生などの操作を呼び出せるのも便利。

動画も静止画もとにかく撮りたい
欲張りなアナタにぴったりの「AQUOS R2

 「AQUOS R2」の魅力は、超広角動画専用の「ドラマティックワイドカメラ」と静止画専用の「高画質標準カメラ」の2つのカメラとAI技術を使って、誰でも簡単にシャッターチャンスを逃さず撮影できる撮影性能だ。これなら、カメラやスマホの使い方に詳しくなくても、日常のイベントや子どもなどのベストショットを撮って家族や友人、SNSへ気軽に共有できる。

 筆者は特に、超広角4Kムービー撮影の気楽さが気に入った。というのも、4Kムービーは高画質なぶん、よけいに手ぶれやオートフォーカスの動作に気を遣う必要があった。だが「AQUOS R2」なら、誰でも複雑な操作なしにブレなく思った通りの動画を撮れるのだ。この開放感は、むしろ動画撮影が好きな人ほどハマるだろう。「AQUOS R2」はふだんからSNSなどへ写真や動画を頻繁に投稿するアクティブなユーザーほどお勧めしたいスマートフォンだ。

ドコモ、au、ソフトバンクで
専用のカラバリをラインアップ

 ドコモ、au、ソフトバンクから登場する「AQUOS R2は、キャリア共通でふだん使いにもビジネスにも似合うプレミアムブラックとプラチナホワイトの2色が用意されるが、これ以外にキャリアごとに専用のカラバリが用意される。専用カラバリは、ドコモの「AQUOS R2 SH-03K」がコーラルピンク、auの「AQUOS R2 SHV42」がアクアマリン、ソフトバンクの「AQUOS R2」がローズレッドだ。


(提供:シャープ)

動画+静止画を同時撮影できるシャープ「AQUOS R2」のスゴさ