• Efdemin Boiler Room Berlin DJ Set ▼


Efdemin
初期の作品はTheo Parrishの影響を強く受けたアブストラクト・ハウスへと焦点を当てていたが、アルバムリリースの頃からは、彼の独特のディープな世界観を壊すことなくオールドスクールの香りを現代的にアレンジし、より機能的なアプローチへと変化させ、耳の肥えたテクノファンをも唸らせた。2008年には、フランクフルトのテクノ総帥Sven Väthの主宰するCocoon Compilation Hへの参加をはじめ、自身初のミックスCDリリース。Resident AdvisorやDe:Bug、Groove Magazineといったエレクトロニックミュージックの名門メディアにおいて取り上げられた。深遠で精密な楽曲群をこまやかに折り重ねていく彼独特のDJスタイルは、あたかも感覚を呼び起こしていくかのようで、まさに覚醒的。聴く者を魅了し、中毒性が非常に高いと言われている
  • イベント詳細
6月22日(金)OCEAN with Efdemin
Open 22:00
Beforea 11PM ¥1000, Under 23 ¥2000, GH Members ¥2500, W/F ¥3000, Door ¥3500

前売券
Resident Advisor https://jp.residentadvisor.net/events/1113366
clubberia https://clubberia.com/ja/events/278811-OCEAN-with-Efdemin/
iFlyer https://iflyer.tv/ja/event/302933/
-------------------------------------------------------------
Studio:
Efdemin (Dial | Naïf | Curle | Berlin)
Haruka (Future Terror | Twinpeaks)
IORI (Bitta | Semantica)

Contact:
DJ Pi-ge (Vis Rev Set)
Yasu (ARTEMIS | Fasten Musique)
Atsuki (SUNNY)
Okada
Karuta (#FLUX)

『話題のドイツ人DJによる潜水系ハウス&テクノ』
東京を拠点に目覚ましい活動を展開しているIoriとHarukaが仕掛けるサウンド航海の旅、OCEAN。6月の出航でふたりがゲストとして招聘するのは、ベルリンのPhillip Sollmann – Efdemin名義での活動で知られるDJ/プロデューサーだ。
“Dial”、”Curle”、”Liebe*Detail”といったレーベルの常連アーティストとして、Efdeminは緻密な変化でエレガントな効果を生み出すハウス/テクノを通じて評価を獲得してきた。2008年に発表した「Carry On, Pretend We Are Not In The Room」での盤石なディープハウス・セットにより、ミックスにおける非凡な才能を披露した彼は、テクノに重点を置いた新たなミックスCD「Naif」を先日発表したばかり。既に各方面から高い評価を獲得していることは、EfdeminのDJスキルの証明だと言えるだろう。この日も、新旧を問わないディープな選曲で存分にStudio Xフロアを沸かしてくれるに違いない。
対するIoriとHarukaが照らし出す航路も気になるところ。DJ Nobuと共にFuture Terrorのレジデントを務めながら脚光を浴び、今や日本のテクノシーンにおけるスリリングな存在として独自に地位を確立したHaruka。繊細なサイケデリアから堅実な機能性までカバーするDJアプローチにより、ヨーロッパなど国外にも活動の場を広げている彼がフロアを大海原へとナビゲートする。
テクノに高純度の陶酔性を掛け合わせた刺激的なサウンドで地位を確立したIoriは、近年プロデューサーとして一層の活躍を遂げている。これまでのアルバムではアンビエントやドローンからの要素を取り入れつつも、シングル作品で新たな領域に派生する新鮮なテクノサウンドを提示。今回はその多岐にわたる影響をOCEAN号のデッキに乗せ、新たな音楽大陸を目指して舵を切る!



















=================================================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID.

配信元企業:株式会社グローバル・ハーツ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ