株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英 / LEGO Education 正規代理店)は、6月15日(金)から7月25日(水)までの期間限定で、教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3※1.の開発環境構築をトータルサポートする「研究室応援キャンペーン」(https://afrel.co.jp/campaign2018te)を実施いたします。キャンペーンではアフレルオリジナルの各種プログラミング言語ガイドを特典としたセットを特別価格で販売し、全国の研究室を応援します!
  • EV3の特徴】
教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3は、専用のアイコン型ソフトウェアの他、C、Java、Pythonなど様々な開発環境で制御することが可能です。大学研究室などでの、ロボットを活用した研究、課題解決のシミュレーション、センサーを使った計測制御など、目的に合わせた学習ができ、モノが動くことで理解が深まり、成果発表としても最適です。
  • 【研究室応援キャンペーン】
期間 :2018年6月15日(金)~7月25日(水)
対象 :教育機関、企業、学習塾等
URL :https://afrel.co.jp/campaign2018te
  • キャンペーン特別セット製品概要】 
C、Java、Python、C#、 mrubyの各種言語のプログラミングガイドをフルラインナップ。目的に合わせた環境で活用いただけます。各種ガイドには、EV3を制御するためのプログラミング環境構築やAPIリスト、実際にEV3のセンサーやモーターを動かすまでの流れが記載されており、すぐに取り組める内容になっています。今回のキャンペーンでは、教育版EV3 プログラミング フルセットAとBの2種をご用意し、フルセットBには教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3基本セットV2(SW付き)が2セット含まれています。





















※送料は別途申し受けます。


<ご購入はアフレル/カスタマーセンター(https://afrel.co.jp/contact)までお問合せください。>


※1. 教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3とは
MIT(マサチューセッツ工科大学)とレゴ社の協力により開発されたロボットプログラミング教材で、発売開始から今年で20年をむかえ、これまで世界70カ国以上、5万以上の教育機関で採用されています。教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3はCPUを内蔵したインテリジェントブロックとセンサーやモーター、ギアで自在にロボットを組み立てられ、作成するプログラムによって自律制御が可能で、科学技術、ロボティクス、コンピュータ教育を強力にサポートする教材です。

【株式会社アフレルについて】
明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

 

配信元企業:株式会社アフレル

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ