6月13日(米国時間)、Netcraftに掲載された記事「June 2018 Web Server Survey|Netcraft」が2018年6月におけるWebサーバのシェア調査結果を伝えた。2018年6月は、Webサイト全体ではMicrosoft IISが増加したが、アクティブサイトやビジーサイトではnginxがシェアを伸ばしている。

Webサイト全体では、Microsoft IISに次いでApacheが第2位のポジションにあるが、Apacheは長期にわたって下落の傾向が続いている。第3位にはnginxがつけており、現在の傾向が続いた場合はnginxのシェアがApacheを抜いて第2位になる可能性が高い。

nginxはWeb全体のシェアとしてはMicrosoftに及んでいないものの、アクティブサイトやビジーサイトでの成長が依然として続いており、多くのアクセスを処理する必要のあるサイトがnginxへ移行する傾向が続いている。
(後藤大地)

画像提供:マイナビニュース