女優の菜々緒とSexy Zoneの佐藤勝利が、16日に最終回を迎える日本テレビ系土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(毎週土曜 後10:00)をクランクアップした。美しくも非情な人事コンサルタント椿眞子役の菜々緒と、その部下として彼女から振り回される斉藤博史役の佐藤はともに涙。菜々緒は「台本覚えるのも遅いし、いつも台本とにらめっこしてるばかりで、現場でちゃんと対応できているのか不安だったんですけど、スタッフ・キャストの皆さんに支えられてここまでこれたと思ってます」とゴールデンプライム帯初主演の大役を勤め上げた。

【写真】バラエティーでも活躍 Sexy Zone冠番組第2弾が決定

 一足先に撮影を終えた佐藤は、菜々緒から花束を手渡され「喋ろうとすると泣いちゃいそうなので」と言葉を詰まらせると、間髪入れず、菜々緒から「泣かないでー」とフォロー。続けて、共演の木村佳乃からは「おばちゃんが言ってあげようか」と最後まで愛されぶりを発揮した。

 「最後のセリフで『共亜火災が好きです」というセリフがあったんですが、僕もこのチームが大好きです」と言ったところで、涙をこぼした佐藤は「斉藤博史の目線でドラマが進んでいくので、僕次第だなと思っていて、プレッシャーも感じていました。皆さんに『こんなに成長したんだな』と、いつか言ってもらえるようになりたいと思います。本当にありがとうございました」と今後の飛躍を宣言した。

 これを見守っていた西田敏行は「あー、いいなぁ」と目を細めて真っ直ぐな佐藤の様子にしんみり。そんな佐藤にもらい泣きした菜々緒は「私もすごい不安だらけだったんですけど、勝利くんとバディとしてやらせてもらって、支えられてできたのでホントに感謝しています。Sexy Zoneも応援しています。最近は、中島健人くん推しになってますけど(笑)」と劇中さながらの佐藤への厳しさもみせながら激励していた。

 3ヶ月間の撮影を終え、菜々緒は「今回は悪女を超えた悪魔の役ができたと思っているので、今度は勝利くんのようにかわいらしい、壁ドンされたり顎クイされたりする女性の役をやれたらうれしいです」と熱望。「また皆さんとご一緒できるように頑張りますのでよろしくお願いいたします。ありがとうございました」とほほ笑みながら達成感をにじませていた。
日本テレビ系連続ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』をクランクアップさせた佐藤勝利、菜々緒 (C)日本テレビ