【この記事の動画を見る】

先月に「サセックス公爵夫人(Duchess of Sussex)」となって以来、精力的に公務をこなしているメーガン妃。英時間13日夜には、エリザベス女王と2人での公務に出席するため「ロイヤル・トレイン」にてロンドンを出発、翌朝はチェシャー州ウィドネス市などを訪れた。王室入りから1か月も経たないうちに異例のスピードで実現した今回の“泊まり”での公務、訪れる先々で英国民に温かく迎えられたメーガン妃は終始笑顔だった。

「マージー・ゲートウェイ橋(Mersey Gateway Bridge)」の開通式に出席するため、ロンドンから北西約270kmに位置するチェシャー州ウィドネス市へと向かったエリザベス女王とメーガン妃。今回の交通手段である「ロイヤル・トレイン」はエリザベス女王とフィリップ王配チャールズ皇太子夫妻の4人のみが利用できる特別な電車で、ウィリアム王子やヘンリー王子ですら公務で使用したことがないそうだ。

ヘンリー王子を伴わず、特別な電車でエリザベス女王と“泊まりがけ”の小旅行を体験したメーガン妃、目的地のランコーン駅(Runcorn)ではチェシャー州地方長官のデヴィッド・ブリッグス氏(David Briggs)や英国旗を持った大勢の児童らに温かく迎えられた。ブリッグス氏が「チェシャー州へようこそ。北イングランドへのご訪問は初めてと伺っております」と話しかけると、メーガン妃は「その通りです。こちらを訪れることができて光栄です」と答えたという。

その後、「マージー・ゲートウェイ橋」の開通式が行われる「カタリスト・サイエンス・ディスカバリー・センター(Catalyst Science Discovery Centre)」へ車で移動したエリザベス女王とメーガン妃。車が近づくと早朝から2人を待ち構えていた地元民らの歓声に包まれた。ステージの椅子に並んで座った女王とメーガン妃は、時々互いの目を見つめ笑いながら地元の児童劇団によるパフォーマンスを鑑賞した。

さらにチェスター市の「ストーリーハウス・シアター(Storyhouse Theatre)」の開館や同市市庁舎でのランチに参加した2人、行く先々で花束を受け取り、終始笑顔で公務に臨んでいた。

元バッキンガム宮殿報道官チャールズ・アンソン氏(Charles Anson)は、『PEOPLE.com』に対し「今回の2人きりでの公務には、エリザベス女王自らがお手本となり、公人としての振舞いを見せることで(王室入りして間もない)メーガン妃をトレーニングするという意味合いも込められていたことでしょう」と明かしている。

『My Husband and I: The Inside Story of 70 Years of the Royal Marriage(原題)』の著者イングリッド・スワードさんも「王室入りしたばかりのメーガン妃に対し、自らのやり方を示すことなく妃が全てを学ぶのは不可能―と女王はお考えなのです」と述べている。

サセックス公爵夫人となってわずか1か月足らずで、女王自らの“ロイヤル・レッスン”をみっちり受けたであろうメーガン妃。女王は可愛い孫ヘンリー王子が妻に選んだ女性に対して、大きな期待を寄せているようだ。

画像は『Kensington Palace 2018年6月14日付Instagram「At the opening of the Mersey Gateway Bridge, The Duchess of Sussex joins The Queen to watch a performance by local schoolchildren」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト