国民民主党の榛葉賀津也参院幹事長は15日、参院選挙制度改革に関する与野党協議を打ち切った伊達忠一参院議長と国会内で会談し、来週中に議長の責任で各会派代表者の協議を再開し、あっせん案の提示や意見集約に努力すべきだと申し入れた。伊達氏は「重く受け止める。やり方は任せてほしい」と答えた。

 榛葉氏は伊達氏に「国権の最高機関の議長の対応として不適切であり、極めて遺憾だ」とする党の抗議文書を手渡した。この後、国民会派の舟山康江参院国対委員長は記者会見で、伊達氏の対応によっては参院議長不信任決議案を提出する可能性に言及した。

 一方、大塚耕平共同代表は15日の党会合で、(1)次期参院選は現行制度で行い、参院の在り方について抜本的な議論を行う(2)石川・福井両県の合区を野党案として検討する-との案を示し、大筋で了承された。石川・福井合区は希望の党が立案し、各野党に打診している。大塚氏は同日、こうした考え方を自民、公明両党に伝えた。