「月刊コミックバンチ」で大人気連載中、清水ユウさん原作の「鹿楓堂よついろ日和」(ろくほうどうよついろびより)。和風喫茶・鹿楓堂を舞台に、店主でお茶担当のスイ、ラテアート担当のぐれ、スイーツ担当の椿、料理担当のときたかがお客様を「おもてなし」する、喫茶店を舞台にした1話完結型ハートフルストーリーが人気の作品だ。
2018春アニメ

【大きな画像をもっと見る】

TVアニメ放送開始時には、原作者の清水ユウ先生にインタビューし、本作がいかにして生まれたのか、そして原作者ならではの視点でアニメへの期待などを語ってもらった本作も、いよいよ第10話が放送となった。

イケメン店員たちと、そのキャラクターを演じる豪華キャストが話題となっている本作だが、各話に登場するゲストキャラクターたちも魅力的だ。
作中で、イケメン店員たちがお悩みを解決してくれると話題となり、カフェでの休憩にプラスしてお悩み相談も頼みたいというお客が増えたストーリーもあったのだが、お悩み相談といえば、やはり男性よりも女性の方が足を運んでくれるもの。本作にゲストキャラクターとして登場しているキャラクターたちも、女性キャラクターが圧倒的に多い。そして、このゲストキャラクターを演じるキャスト陣も山村響さん、千本木彩花さん、川澄綾子さん、能登麻美子さんなど、豪華な声優陣が多数登場しており、魅力的なキャラクターたちの中には、きっと気になるキャラクターもいるはず。
これまで本作を見たことがなかったというあなたも、ぜひ一度本作を視聴してみていただきたい。


【ゲストキャラクター紹介】※敬称略

<#01>
近藤つばさ:山村 響

イベント企画運営会社に勤める会社員。新たな企画の立案に頭を悩ませている際に鹿楓堂に出会う。真面目な勉強家。


<#02>
天神小鶴:石見舞菜香

鹿楓堂に訪れた中学1年生。飲んだだけでブレンドされたお茶の銘柄を当てられる味覚の持ち主。祖父母と仲が良い。おっちょこちょいだが心優しい。

天神猛彦:石原 凡
小鶴の祖父で、お茶屋「あまがみや」の店主。気性が激しい事で有名だが、お茶に対し並々ならぬ情熱を持っている。職人気質の人物。


<#04>
柴野亮平:石谷春貴
テンションの高い会社員。食べたいものが食べられずゾンビのようになっていたが、ときたかの機転に救われる。その後鹿楓堂の常連として度々現れる。

伝蔵:鈴木絵理
どこからともなく鹿楓堂に現れた黒い子猫。元気いっぱいで常に走りまわってており、きなこも振り回されてしまう。


<#05>
砂金宏和:小山剛志
タウン誌「G!MOTO」の男性編集者。女性が強い「G!MOTO」編集部内で押され気味。スイーツが大好きだが女性の多いオシャレなカフェに入れず困っている。

林 朝子:川澄綾子

砂金も所属するタウン誌「G!MOTO」の敏腕編集者。近々新創刊の雑誌の編集長に抜擢される予定なのだとか。

砂子:Lynn

勝負デートの日に雨に降られ、自信を喪失していたところを「謎のお店」に引き寄せられる。温かい料理に自信を取り戻すがその実態は・・・


<#06>

幼いスイ:千本木彩花
幼い八京:澁谷梓希

幼い頃のスイと八京。子供の頃は二人でよく「祖父の鹿楓堂」で手伝いをしていた。メガネをかけ始めたのは中学生に入る前くらい。

東極京之介:津田英三
鹿楓堂の初代店主。スイと八京の祖父。優しい性格でスイと八京を可愛がっていた。


野中泰史:天田益男

かつての鹿楓堂の常連。たまたま近くに寄ったため訪れるが、京之介の「鹿楓堂」が閉店したことを知らず寂しがる。

小尾哲郎:佳穂成美
野中の孫で4歳の男の子。照れ屋だが鹿楓堂店内に興味津々で、ときたかになつく。魚が苦手。


<#07>
矢ノ倉 銀:安済知佳

小鶴の同級生で親友。空手が得意で元気いっぱい。思ったことはすぐ言ってしまうタイプだが悪気は無い。お茶はにがいので苦手。

桜田文彦:楠見尚己
定年退職後は気が抜けてしまっているようだ。かなえという1人娘がいる。内省的で案外語るタイプ。


<#08>
南里 杏:村北沙織

つばさの同僚で親友。スイーツや恋愛話が大好きで、つばさと共に鹿楓堂に訪れる常連。つばさによく悩み相談をする。

渡辺 洋:泊 明日菜
公園で1人うずくまっていた所をぐれに声をかけられた中学生。周囲の環境の変化について行けておらず、戸惑っている。

 

<#10>
西条音々子:本渡 楓

叔母を慕う高校生。最近着物に興味を持ち始めてきた。口コミは信じないタイプ。お嬢さまだが気は案外強め。


おばさま:能登麻美子

音々子の叔母で常日頃から着物を愛用している。姪が着物に興味を持ってくれたことを喜んでいる。おっとりとした性格で動じない。


犬飼 琴:種崎敦美

ブティックに勤める菊子の妹。実家を離れ「好きな仕事」をしてはいるが、ちょっとお疲れ気味。姉に比べ見た目は派手。


犬飼菊子:小清水亜美

漫画家で琴の姉。編集者と一緒によく鹿楓堂で打ち合わせをしていた。妹と同じく実家を離れ漫画家として一本立ちしている。新連載が決まったばかり。


【作品情報】
■鹿楓堂よついろ日和
<放送情報>
AT-X、TOKYO MX、KBS京都にて放送中!

<イントロダクション>
ここは和風喫茶「鹿楓堂」。
店主でお茶担当のスイ、ラテアート担当のぐれ、料理担当のときたか、スイーツ担当の椿。
それぞれのスペシャリスト4人が働く隠れた人気店。
彼らはお客さまを「おもてなし」しながら、時にはお客さまの「悩み」を解決することも。
喫茶店を舞台に、素敵な4人が織り成すハートフルストーリー。
さて本日のお客様は…?


<キャスト>
スイ(東極 京水):諏訪部 順一
ときたか(永江 ときたか):中村 悠一
ぐれ(グレゴーリオ・ヴァレンティーノ):小野 大輔
椿(中尾 椿):山下 大輝
八京:前野 智昭
角崎役:鳥海 浩輔
きなこ役:天﨑 滉平


<スタッフ>
原作:清水ユウ(新潮社「月刊コミックバンチ」連載)
監督:神谷 友美
シリーズ構成:赤尾 でこ
アドバイザー・音響監督:佐藤 卓哉
キャラクターデザイン:安食 圭
料理デザイン:伊藤 憲子
美術監督:小倉 宏昌
プロデュース:GENCO
アニメーション制作:ZEXCS
製作:鹿楓堂よついろ日和製作委員会
OP テーマ「桜色クリシェ」aki


(C)清水ユウ・新潮社/鹿楓堂よついろ日和製作委員会


>> 好評放送中の「鹿楓堂よついろ日和」は、各話のゲストキャラクターを演じる女性声優にも注目! の元記事はこちら
好評放送中の「鹿楓堂よついろ日和」は、各話のゲストキャラクターを演じる女性声優にも注目!