スペースの時間単位での貸し借りや宿泊のプラットフォームを運営する株式会社スペースマーケット(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:重松大輔、以下「スペースマーケット」)は、西武信用金庫(本社:東京都中野区中野2-29-10、理事長:落合寛司)と包括協定を締結し、民泊等スペースシェアを活用し地域活性化を推進してまいります。


【取り組みの背景・目的】
スペースマーケットは、様々な場所をネットで1時間単位から簡単に貸し借りできる「時間貸し」のマーケットプレイスとして、2014年にサービスをスタートしました。これまで、お寺・古民家・映画館・離島・宿泊できる民家など、約9000の様々なスペースを掲載し、「お寺で開発会議」「映画館で社員総会」「島でコスプレ撮影会」など、法人・個人のユニークな利用事例を全国で多数生み出してきました。

また、6月15日の民泊新法施行に合わせて、民泊を含む宿泊事業「スペースマーケットSTAY」を本格展開することにより、時間貸しに加え、宿泊も提供できることになり、「働く・遊ぶ・泊まる」の全てに関わる暮らしのインフラとして、時代にあった新しい働き方や暮らし方を提案します。

一方、西武信用金庫は東京都・埼玉県・神奈川県の一部を営業地域として、事業支援、街づくり支援、資産形成・管理支等のサービスによって地域社会の発展に貢献してきました。事業支援面では、販路開拓や人材確保と育成、海外進出、事業承継等、経営全般にわたる課題解決に努め、事業の発展に貢献し、街づくり支援面では、「地域産業応援資金」を活用した地域経済の活性化支援や、「西武ソーシャルビジネス成長応援融資 CHANGE」の推進により、地域の課題解決に取組むNPO法人等の皆さまの活動をご支援しました。資産形成・管理支援面では、相続に関する相談態勢の強化や不動産の有効活用、新規不動産取得支援等、円滑な資産承継の実現をご支援してきました。近年では既存建物ストックの活用に着目し、リノベーションに関する融資にも積極的に取り組んでいます。

この度、西武信用金庫とスペースマーケットは、住宅宿泊事業法施行により合法で民泊を展開できることになったことを受け、民泊等スペースシェアを活用する包括協定を締結し、西武信用金庫の顧客が所有するスペースの収益化や、相続物件の有効活用等をスペースマーケットと連携してサポートし、民泊等スペースシェアを推進することで、地域に交流人口を生み出し、地域活性化に貢献してまいります。

本提携は、スペースマーケットとして金融機関との提携第一弾となりますが、これを契機に全国の信用金庫、地銀等と連携を進め、スペースの有効な活用を促進することで人口減少による空き家問題等の社会課題を解決し、地域社会に貢献してまいります。


【提携によるそれぞれの役割】
・ 西武信用金庫
顧客に対する民泊等スペースシェアの提案、リノベーション支援 等

・ スペースマーケット
西武信用金庫の顧客へのスペース掲載サポート、地域内での民泊等スペース活用勉強会の実施 等





■株式会社スペースマーケットについて
名称 :株式会社スペースマーケット
所在地 :東京都新宿区西新宿 6-15-1 ラ・トゥール新宿 608
代表者 :代表取締役 重松 大輔
事業内容 :「スペースマーケット」、「スペースマーケットSTAY」の運営、
再生プロデュース事業、マーケティング支援事業
設立年月日:2014年1月
URL :http://spacemarket.co.jp

配信元企業:株式会社スペースマーケット

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ