本棚を見ると、その人がどんな人間かが分かるといいます。それは、スマホの中のアプリも同様。そう、アプリを見れば生き方も分かってしまう時代なのです。

今回ご協力いただいたのは「1日3時間以上はたぶん求人アプリをみています!」と話すマミさん(34歳)。2か月前に医療事務の仕事を退職し、秋ごろまでの再就職を目指して現在就職活動をしているそうです。「求人アプリを使って希望職種を登録しておくと、その仕事だけの情報を簡単に取捨選択できます。あと地味に便利なのが、自分の名前や住所などの申し込み情報が保存できるので、何度も入力しなくて済むこと。一昔前みたいに求人雑誌やサイトで検索するより楽ですね」

そう語るマミさんのスマホ画面はこちらです。

壁紙に書かれているのは「健康第一」の文字。座右の銘?

求人アプリはフォルダでまとめているのですね。一番オススメのアプリはどれですか?

それぞれ特徴があるので、1つのアプリを選ぶのは難しいです。私の場合は地元の「ハローワーク」と、情報が検索できるアプリ「ハローワークの求人・仕事・パート・アルバイト検索」を使うことが多いですね。公式の求人情報を素早く検索できるので、まずはここである程度の目星をつけてからハローワークに行くようにしています。あとは「リクナビNEXT」もよく活用しています。応募後に企業とのやり取りもアプリ上でできるのが便利です。

求人アプリ以外でオススメのアプリはありますか?

旬なところだと、ロシアW杯用に「スポーツナビ」のアプリを見やすい位置に配置しました。スポーツ観戦が好きで普段から愛用しているアプリですが、スポーツ速報がチェックできるアプリの中では、これが一番使いやすいと感じます。ただ日本代表戦ならSNSをみれば、勝手に情報が入ってきそうですが(笑)。

確かに(笑)。ほかにお気に入りのアプリがあれば教えてください。

仕事を辞めてからヨガを始めたので、教えてもらったポーズを復習するために「ヨガ:ポーズとクラス」というアプリを使っています。ポーズが動画で素早く確認できるので、空き時間にせっせとやっていますね。あと、これも仕事を辞めてから始めたのが自動貯金アプリ「finbee」。アプリを通してクレジットカードと銀行貯金を連携させ、自分が設定したルールに従って自動的にクレジットカードの残高の一部が貯金として引き落とされる仕組みです。私の場合は「歩数貯金」をやっていて、GPS機能で10000歩歩いたら500円貯金するようにしています。おかげで引きこもりがちの生活の中でも歩く意欲がわきます。

ありがとうございました!再就職も頑張ってくださいね。

マミさんオススメのアプリ

■『ハローワークの求人・仕事・パート・アルバイト検索』ってどんなアプリ?

ハローワークの最新情報と連携しており、アプリで素早く検索することが可能。検索条件や気になる仕事の情報を保存することができ、メモを残す「メモ機能」も搭載。(※iPhoneの詳細はこちら Androidの詳細はこちら

■『スポーツナビ』ってどんなアプリ?

サッカーや野球はもちろん、競馬やゴルフ、テニス、F1、卓球、格闘技など幅広いスポーツ速報に対応。ロシアW杯期間中はトップページに特設コーナーがあり、試合速報はもちろんに本来表の関連ニュースや注目国の情報も詳しくフォロー予定。(※iPhoneの詳細はこちら Androidの詳細はこちら

■『ヨガ:ポーズとクラス』ってどんなアプリ?

認定ヨガインストラクターが開発・考案した111種類のポーズを配信。「ねじりのポーズ」「ひねりを加えたポーズ」などのテーマ別や難易度別に分類されているので、検索も簡単。ポーズ1つ1つにHDビデオがあり、誰でも簡単にポーズをとることができる。(※iPhoneの詳細はこちら Androidの詳細はこちら

■『自動貯金アプリfinbee』ってどんなアプリ?

アプリを通してクレジットカードと銀行貯金を連携させ、自動的に貯金ができる仕組みのアプリ。カード払いの端数を貯金する「おつり貯金」や、毎日自分が決めた額が自動で引き落とされる「つみたて貯金」などのルールを自分で設定することが可能。無理のない貯金をしたい人にオススメ。(※iPhoneの詳細はこちら Androidの詳細はこちら

関連画像