この度、雑誌「TVガイド」や「TV Bros.」を発行する、株式会社東京ニュース通信社は、6月30日(土)に『甲子園!愛知4強物語 強豪校の歴戦の記録と感動秘話』(鶴 哲聡/著)を発行いたします。本書は、今年8月5日に開幕する全国高校野球選手権(夏の甲子園大会)が100回目を迎えるにあたり、野球王国として名高い、愛知県の高校野球にスポットを当てたスポーツ・ノンフィクションです。
『甲子園!愛知4強物語 強豪校の歴戦の記録と感動秘話』鶴 哲聡/著(東京ニュース通信社刊)
中京大中京、東邦、愛工大名電、享栄-------人呼んで“愛知4強”。
高校野球ファンであれば、愛知県の人間でなくとも、この4校の名前を知らない人はいないだろう。

春4回、夏7回、合計11回の全国制覇数を誇る中京大中京。この優勝回数や甲子園での通算勝利数、133勝(47敗)という実績は他の追随を許さない。文句なしに、日本一の強豪校として、いまでも日本の高校野球をリードする存在である。その中京大中京に「追いつけ追い越せ」と切磋琢磨した結果、センバツを4回制し“春の王者”として君臨することになった東邦。一方、工藤公康、山﨑武司、イチローという日米で活躍するスーパースターを輩出し、他の3校に比べると、“新興勢力”ながらも全国的な知名度を誇る愛工大名電。さらに、近年は甲子園から遠ざかっているものの、伝説の左腕・金田正一、甲子園を湧かせたスター選手の藤王康晴、近藤真市らを輩出した古豪の享栄も存在感を発揮する。

この“愛知4強”といわれる4校の甲子園出場回数は、春夏合わせて143回。今年(2018年)で、春のセンバツは90回、夏は100回大会を数えるが、そのうちの143回、パーセンテージにすると66.2%になる寡占状態だ。PL学園に代表されるように、全国の古豪、強豪校が姿を消す中、なぜ愛知県の高校野球界では、この“愛知4強”の存在感が色あせないのだろうか。

本書では“愛知4強”各校の野球部監督、関係者らにインタビューを行い、4校の強さの秘密と、愛知県高校野球の特異性を探っていく。


【目次より】
1.中京大中京
・インタビュー「徹底的な練習で“バントの中京”の礎を築く」
深谷弘次 中京商元監督

・4強激突 愛知県大会激闘の記憶1.1983(昭和58)年
「全国が注目した野中対藤王の直接対決」中京対享栄

・インタビュー「先輩方から受け継いだ日本一のプライドを次世代へ」
高橋 源一郎 中京大中京監督

2.東邦
・4強激突 愛知県大会激闘の記憶2.1985(昭和60)年
「絶対絶命のピンチをしのぎ甲子園へ」東邦対愛工大名電

・インタビュー「甲子園へ行きたいという選手の気持ちに応えたい」
森田 泰弘 東邦監督

・インタビュー「野球部は学校の誇りです」
佐々木 泰裕 東邦校長

3.愛工大名電
・4強激突 愛知県大会激闘の記憶3.1991(平成3)年
「プロ入りかけて打ったイチローの逆転2ラン」愛工大名電対中京

・インタビュー「“強打の名電”の復活を」
倉野 光生 愛工大名電監督

4.享栄
・インタビュー「久しぶりの甲子園目指して全力を尽くす」
柴垣 旭延 享栄監督

・4強激突 愛知県大会激闘の記憶4.1986(昭和61)年
「剛腕・近藤が見せた圧巻のピッチング」享栄対東邦

・インタビュー「現場に戻る最初で最後のチャンスだと思いました」
大藤 敏行 享栄コーチ

5.4強に追いつけ 迫る実力校たち
愛知、至学館、愛知啓成、愛知黎明、大府、豊田西、豊田大谷、愛産大三河、豊川、豊橋工、成章

6.終章
なぜ愛知4強は長きにわたり、強豪校であり続けることができたのか


【著者プロフィール】●鶴 哲聡
1971年名古屋市生まれ。愛知県立瑞陵高校を卒業後、フリーライターに。スポーツ全般をフォローするが、野球とラグビーが得意分野。元中日ドラゴンズのチーフスカウト・法元英明氏の『ドラマは球場の外にある』(ぴあ)の構成を担当。ほかにも新聞や雑誌などを中心に執筆活動中。特に高校野球には造詣が深く、古今東西の地区予選から甲子園本大会まで網羅する“高校野球ウオッチャー”でもある。


【商品情報】
「甲子園!愛知4強物語 強豪校の歴戦の記録と感動秘話」
●発売日:2018年6月30日(土)※一部、発売日が異なる地域がございます。
●定価:1,620円(税込み)
●仕様:四六判、ソフトカバー
●発行:東京ニュース通信社  
●発売:徳間書店

全国の書店、ネット書店、弊社TOKYONEWS magazine&mook(http://zasshi.tv/)にてご購入いただけます。

配信元企業:株式会社東京ニュース通信社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ