2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製造に再生金属を利用するプロジェクトに協力するため、政府は15日から各省庁に使用済み小型家電回収ボックスを巡回させる「みんなのメダルプロジェクト 省庁リレー」を始めた。金42キロ、銀5300キロ、銅2700キロが必要とされているが、まだ不足しているという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

東京五輪・パラリンピックのメダルの材料として回収ボックスに使用済み携帯電話を投入する鈴木五輪担当相=内閣府で2018年6月15日午前8時55分、円谷美晶撮影