パク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』が、6月16日よりシネマート新宿ほかで全国ロードショーされる。そしてこの度、メイキング映像、メイキング写真が解禁された。


 本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタート。スージー・キム事件をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作だ。


 米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役は『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役は『密偵』のパク・ヒスンが務める。米CIA要員ポール・グレイ役には日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメアが演じる。そして全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役はイ・ジョンソクが扮した。中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、新たな姿を披露している。

URL: youtu.be

 そして、解禁されたメイキング映像では、政治的な要素を複雑に絡めている本作への印象を語るパク・フンジョン監督のコメントから始まる。チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソクといった豪華キャスト陣が本作を引き受けた理由や、名だたる俳優らとの共演について、そして、パク監督と一緒に仕上げた本作について熱く語っている。とくに、米CIA要員ポール・グレイ役で、スウェーデン出身の名優ピーター・ストーメアの出演について、パク監督は「本当に彼が出るのか」と驚きがあったことを明らかにし、ピーターは「パク監督の現場はとても雰囲気がよかったです」とコメント。撮影現場では、チャン・ドンゴンとお茶目に話をし、笑いを誘った姿など、狂気あふれる本作の裏側が詰まっている。あわせて解禁されたメイキング画像では、ピースするイ・ジョンソクの姿をはじめ、時には真剣に、時には笑顔のあふれる現場の姿が披露された。


 分断国家という特性を生かした作品は昔話になるかもしれない2018年。そんな“今”だからこそ、"実際ありそうな物語"を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、韓国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作『V.I.P. 修羅の獣たち』をお楽しみに。


ストーリー

 韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。


(C)2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved