13日に放送されたフジテレビ系「TOKIOカケル」に出演したディーン・フジオカの発言がネットで話題になっている。

【写真】高橋克典、ディーン・フジオカとのコーヒーブレイク中写真にファン大絶賛「惚れてしまう」

番組ではディーンが世間に持たれているという、“1人カラオケをしなさそう”といったイメージを取り上げ、トークを展開した。

世間のイメージとは反対にカラオケが好きだというディーンは「昔は1人でもカラオケ行ったりしてましたね」と話し、「1人じゃなくてみんなで楽しかったら、『延長しようよ』っていうタイプですね」と意外な素顔をのぞかせた。

TOKIOの国分太一が「何を歌うんですか?」と質問すると、ディーンは松田聖子、SMAP、椎名林檎、尾崎豊の名前を挙げ、自身のカラオケレパートリーを明かした。

この放送に視聴者はTwitterで「聴きたすぎるだろ…」「ディーンさんがSMAPって!」「おディーンとカラオケいきたい」「いただきましたーー」「カバーアルバム出してくれ」などのコメントを寄せており、反響を呼んでいた。

ディーンは、累計180万部を突破した池井戸潤による大ベストセラーを実写化した映画『空飛ぶタイヤ』に出演しており、主人公の赤松徳郎と対立する沢田悠太を演じる。

ディーン・フジオカのカラオケレパートリーが話題