2018年7月放送開始のTVアニメ『つくもがみ貸します』より、追加キャストの発表と主題歌アーティストが発表された。また、ナレーションを歌舞伎役者の六代目 片岡愛之助が担当することが明らかになった。

【大きい画像を見る】ナレーション:片岡愛之助 (C)2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会


本作は、江戸・深川を舞台に、作られてから百年以上が過ぎ、妖がごとく魂を宿した小道具「つくもがみ」と人間たちとが織り成す悲喜こもごもの人情噺。日用品から骨董品などの「つくもがみ」となった品々を、客に貸し出す商いをするお紅と清次姉弟。人情味あふれる彼らが「つくもがみ」たちの力を借りながら、江戸の町で起こる大小さまざまな騒動を解決していく。

この度追加キャストが発表され、平川大輔や井口裕香をはじめ、奈良徹、仲野裕、明坂聡美らがお紅たちと共に事件を解決に導く「つくもがみ」を演じることが明らかになった。

また、本作のナレーションを歌舞伎役者の六代目 片岡愛之助が担当することも発表。江戸を舞台にした本作にぴったりの語り口で物語を案内する。


そして、本作を彩る主題歌アーティストも発表。オープニング主題歌を「MIYAVI vs シシド・カフカ」が、エンディング主題歌を倉木麻衣が、それぞれ担当する。両アーティストからは、本作に掛ける意気込みのコメントが到着した。


オープニングを担当する世界的ギタリスト・MIYAVIは「日本独特の価値観である奥ゆかしさや慎ましさなど、この作品が伝えようとしていることと、どう寄りそえるか思案して作らせていただきました」と制作時の想いを語った。


エンディングを担当する倉木麻衣からは「今作は江戸を舞台に繰り広げられる恋あり涙ありそして妖怪あり(笑)のお話しということで、その時代にタイムスリップするような情景をイメージしながら制作しました」と、本作の舞台に合わせた楽曲づくりのコンセプトを語った。
また作詞について、「真剣に耳を澄ますと私にも“つくもがみ”が良いフレーズを囁いてくれないかなぁなんて期待しながら私も歌詞を制作しました」という裏話を披露した。

TVアニメ『つくもがみ貸します』は、NHK総合テレビにて2018年7月22日(日)から毎週日曜24時10分~放送予定。関西地方は日曜24時50分~の放送となるのでご注意を。

TVアニメ『つくもがみ貸します』作品情報

■放送情報
NHK総合テレビにて2018年7月22日から毎週日曜24:10~放送予定!
(関西地方は日曜24:50~)
※放送日時は変更になる場合がございます。

■スタッフ
原作:畠中 恵(角川文庫/KADOKAWA刊)
監督:むらた雅彦
シリーズ構成:下山健人
キャラクター原案:星野リリィ
キャラクターデザイン:谷野美穂・吉沼裕美
美術監督:村本奈津江
色彩設計:岡 亮子
撮影監督:蒲原有子
音響監督:えびなやすのり
音楽:佐藤五魚
OPアーティスト:MIYAVI vs シシド・カフカ
EDアーティスト:倉木麻衣
制作:トムス・エンタテインメント
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム

■キャスト
清次:榎木淳弥
お紅:小松未可子
佐太郎:櫻井孝宏
野鉄:奈良 徹
月夜見:仲野 裕
五位:平川大輔
お姫:明坂聡美
うさぎ:井口裕香
ナレーション:片岡愛之助

(C)2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会【ほかの画像を見る】『つくもがみ貸します』キービジュアル (C)2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会
『つくもがみ貸します』キービジュアル (C)2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会