サッカーのW杯ロシア大会に出場する日本代表は14日、ベースキャンプ地のカザンで練習を開始。事前合宿を張ったオーストリアのリゾート地から一転、「質実剛健」な施設で最終調整に入った。酒井高が「必要最低限のものはある。キャンプに集中できる環境」と話すように、ぜいたくさはなくとも不自由な点はなさそうだ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

ベースキャンプとなるルビンの施設で練習を開始したサッカー日本代表。左奥の建物が宿泊施設=ロシア・カザンで2018年6月14日午後3時52分、大島祥平撮影