16歳年下のカメラマン・柴田翔平氏との交際を明かしたモデルの仁香が14日、離婚してから昔の写真が見られなくなったという体験談を自身のアメブロで公開した。

仁香公式ブログよりスクリーンショット


 現在42歳の仁香は、2006年に一般男性と結婚し、2008年には第1子男児を出産。しかし2014年、息子が小学校1年生になるタイミングで離婚し、シングルマザーとして育児やモデル業に励んできた。


 柴田氏から赤ちゃんの頃の息子の写真を見たいと言われるも、「まだちゃんとみせたことないです」と明かした仁香。離婚を経験してから昔の写真が見られなくなったといい、「でも息子の赤ちゃんの頃をすごく見たくなるし、息子もみたがる日もあって。でもある日に2人でみたら、やっぱり、微妙な気持ちに」「それからは2人でみていません」とつづった。


 仁香は「昔を振り返ることすら出来ないのか。とすごく苦しくなりました」と当時の心境を振り返るも、「でも過去を書き変えることは出来ないですから乗り越えて気にせず見れるようになりたいなと思っています」と前向きな気持ちでいる様子。この日もたまたまテレビ番組で必要だったため、久しぶりに昔の写真を目にしたといい「息子が愛くるしくて、本当にかわいい」と目を細めてつづった。


 写真を恐る恐る息子にも見せたところ「僕の赤ちゃんの頃かわいい」と喜んでくれたといい、「少しづつ浄化してきてるんだなと感じれました」(原文ママ)と実感した模様。「翔平にもたくさん見せれるようになりたいな」(原文ママ)と希望をつづった。


 仁香は12日のブログでも息子の幼少期の写真を公開しており、「息子が赤ちゃんの頃は、ご主人は外国の方?と街行く人に声をかけられていた」「お目がくるくるですごく愛くるしい子でした」と明かしていた。「今は少しキリッとして、だいぶ少年っぽくなりました」とする一方で、「この愛くるしい息子にもう一度会いたい」ともつづっている。