調査会社Canalysのレポートによれば、2018年第1四半期、中国におけるVRヘッドセット市場は200%の成長となりました。主に一体型VRヘッドセットの販売が要因となっています。

中国のヘッドセット市場は世界第2位

Canalysによると、2018年第1四半期のVRヘッドセット市場は16%成長、総出荷数は65万台に上ります。国ごとの出荷数では、米国が全体の31%を占め最大のマーケットとなっています。一方で中国も徐々に迫っており、そのシェアは28%です。


(HTCの一体型ヘッドセットVive Focus)

一体型ヘッドセットが市場拡大を支える

中国のVRヘッドセット市場の急拡大は、主に同国における一体型ヘッドセットの急速な伸びによるものです。中国での一体型ヘッドセットの売り上げは際立っており、世界の販売数のおよそ82%が中国向けとなっています。また中国での売上のうち、51%を一体型が占め、2018年第1四半期には9万4,000台が出荷されたと。

今月シャオミが発売したOculus Goの中国国内モデル「Mi VR」は発売後すぐ完売するなど、中国での一体型ヘッドセット人気は特徴的です。また他にも、Vive FocusやPico Neoといった、中国のみで展開しているデバイスも多くあります。

発売開始から3分で完売 Oculus Go中国国内モデル、入荷待ちは5万人以上 | Mogura VR

発売開始から3分で完売 Oculus Go中国国内モデル、入荷待ちは5万人以上 | Mogura VR

MoguraVR

一体型VRデバイスVive Focus大幅アップデートへ コントローラー6DoF化やスマホ連携 | Mogura VR

一体型VRデバイスVive Focus大幅アップデートへ コントローラー6DoF化やスマホ連携 | Mogura VR

MoguraVR

中国で新しい一体型VRヘッドセットPico Neo発売へ | Mogura VR

中国で新しい一体型VRヘッドセットPico Neo発売へ | Mogura VR

MoguraVR

産業全体も高成長、より幅広い体験が課題

中国のVR産業全体も急速な成長を見せています。2017年の市場成長率は164%、市場規模は160億元(約2,700億円)に達しました。

Canalysのアナリストは「(中国の)VR企業は、消費者がVRにアクセスしやすくしています。次のステップは、より幅広い体験の仕方を提供して、消費者のニーズを刺激することです」とコメントしています。

(参考)China Daily