蚤の市などでは、時にとんでもない価値を持つ商品が紛れていることがある。このほどイギリスで、家の中にあるガラクタ箱を整理しようとした女性が希少価値の硬貨を発見した。その硬貨は1枚で1,500万円相当の価値があるという。英メディア『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

キングストン・アポン・ハルに住む69歳の女性(本人の意思で名は明かされず)はある日、屋根裏部屋にあるガラクタを整理していた時に懐かしいものを見つけた。それは何十年も前に祖父から譲り受けた靴箱で、中には多くの貨幣が入っていた。

女性はそれらの貨幣を自分の子供たちに譲ろうとしたが「そんなガラクタ要らないよ」と言われてしまい、処分を考えた。しかしその前にリーズにある鑑定会社「Vintage Cash Cow(ヴィンテージ・キャッシュ・カウ)」のサイトに連絡し、いくつかの商品の鑑定を求めた。

女性が鑑定に出したのは模造宝石類やシルバー製のティーセット、硬貨だったが、その硬貨の1枚がとんでもない価値のものであることが判明したのである。Vintage Cash Cowの共同創設者アントニー・チャーマンさんは、これがチャールズ一世の統治下だった1644年に鋳造された限定硬貨100枚のうちの1枚で、メダル意匠家トーマス・ローリンズ氏(Thomas Rawlins)による「オックスフォード・クラウン(Oxford Crown)」という硬貨であることを発見した。硬貨1枚にしてその価値、なんと10万ポンド(約1,500万円)である。アントニーさんはそのことを女性に伝えた時の様子をこのように話した。

「我々は常に大量の硬貨の鑑定を求められますが、そのほとんどは金属の重さほどの価値しかありません。しかしこの硬貨は、明らかに異なりました。女性から依頼された他の鑑定商品は150ポンド(約22,000円)の価値で、それでも彼女は十分喜んでいましたが、硬貨の希少価値を話すと非常に驚いて椅子から滑り落ちそうになっていたほどです。」

なおVintage Cash Cowでは女性の希望により、この硬貨をロンドン、ニューヨーク、もしくは香港で行われるいずれかのオークションに出品することにしたようだ。硬貨の保存状態も良く、コイン収集家の間では「10万ポンド以上の値がつけられるのではないか」と予想されている。アントニーさんは「オークションハウスと協力して、所有者である女性の最も望む価格で落札されるよう取り計らう予定です」と話している。

ガラクタの中から思わぬ“棚ぼた”を得た女性は、落札された際には第1子を妊娠中の孫娘に家を購入するための前金を援助する予定のほか、海外クルーズも考えているそうだ。このニュースを知った人からは、「羨ましい!」「お宝の隠れている屋根裏部屋が欲しい」「何十年もすごくいい状態で保存されていたなんて驚きだね」「女性の子供たち、今ごろは断ったことを後悔してるかも」「全くもってラッキーだね」といった声があがっている。

画像は『The Sun 2018年6月13日付「COINING IT IN Gran finds rare 17th century coin worth £100,000 in ‘junk box’ she was about to dump」(IMAGE: VINTAGE CASH COW)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト