映像配信サービス「dTV」のオリジナルドラマ『婚外恋愛に似たもの』(6月22日スタート、全8話、毎週1話更新)の予告映像が公開された。栗山千明演じる桜井が、家の中で推しメンの名前が書かれたうちわを振りながらノリノリで歌う姿や、安達祐実演じる山田もニヤケ顔でアイドルの話しをする姿など、アイドルの「彼」との“婚外恋愛”に熱狂する衝撃的な姿が切り取られている。

【動画】dTVオリジナルドラマ『婚外恋愛に似たもの』予告

 同ドラマは、2016年にテレビドラマ化された『校閲ガール』などの作品で知られる宮木あや子氏の同名小説が原作。栗山、安達、江口のりこ、平井理央、富山えり子らが、それぞれ境遇の異なる35歳のアイドルヲタクに扮し、その中でそれぞれが抱えている悩みやコンプレックスなどの本音を大胆かつデリケートに表現していく。

 予告映像には、クールビューティーなイメージの栗山が、アイドルのライブのチケットを譲ってもらいスーパーで大声で喜ぶ姿や、不妊やセックスレスという夫婦問題を抱え、アイドル好きな夫のためにアイドルのコスプレをし、ミニスカート姿で夫の前に登場している強烈なシーンも。それぞれのヲタクっぷりや、ヒエラルキーを超えた35歳女性同士の仲の良さを窺えるカットなど、キービジュアルとはまた違った個々の表情に、ドラマへの期待が高まる。

 主題歌にはシンガーソングライター・大塚愛の楽曲「あっかん べ」が決定。うまくいかない日々に悩まされている女性たちのモヤモヤした気持ちを押し流してしまう、ドラマの世界観をそのまま切り取ったような痛快ソングに仕上がっている。

 大塚は「大人になれば、誰かを攻撃することほど無意味であるとわかっていても、攻撃してくる人もいれば、噛み合わない人もでてきます。それでも人生の主人公はいつだって自分だから。心の中で、『あっかん、べ』って言って涙をパールに変えてくれる曲を作ったつもりです」とコメントを寄せている。

 7月4日には、都内で栗山、安達、江口、平井、富山らが登壇する『七夕試写ライブイベント』も開催。ドラマの中で出演するアイドルグループ「スノーホワイツ」も登場し、プレミアムライブを行う。詳細はdTV『婚外恋愛に似たもの』特設サイトに掲載される。

■ドラマ特集サイト
https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007035

dTVオリジナルドラマ『婚外恋愛に似たもの』(6月22日配信開始)アイドルに恋した“35歳”を演じる栗山千明(C)エイベックス通信放送