今年も夏休みがやってきます。長い休みの間に、普段はできないことを子どもに体験させてあげたいと思うパパやママも多いと思います。

初めての子連れキャンプ、失敗しないための要チェックポイント5

自然にふれることも、普段はできない貴重な体験のひとつ。

現代では、地方に住んでいても、自然とはかけ離れた生活をすることは可能です。むしろ地方ほど、移動手段が車であることが多いため、自然を意識することは少ないかもしれません。

近くに川があっても、危ないから入らないように言われていて、入ったことのない子どもも多いのでは?今年の夏休みは子どもに自然を体験させてあげませんか?

年中さんから、子どもだけで参加できるキャンプもあります。

川で思いっきり遊びたい!

子どもに川遊びを体験させてあげたいと思っていても、親の方がもう川で遊んだり泳いだりした体験がない世代かもしれませんね。

それに、川で泳ぐのは、プールで泳ぐのとはまったく違います。川底は岩や石があってゴツゴツしていますし、流れの早いところとそうでないところの差もあります。

川遊びに特化したこんなキャンプやイベントなら、親も安心して子どもに川遊びデビューさせられるのではないでしょうか。

とことん川遊びキャンプ

NPO法人国際自然大学校主催の、年中さんから小3まで参加できる川遊びに特化したキャンプです。

8/6(月)~8(水)と、8/14(火)~16(木)の2回の開催。運営・指導にはNEALコーディネーター(自然体験活動総括指導者)、もしくはNEALリーダー(自然体験活動指導者)の資格を持つキャンプディレクターが2名、子どもたちのグループ毎にキャンプカウンセラーが1名つきます。

2泊もあるので、都会ではなかなかできない川での水遊びがとことん楽しめそうなキャンプです。お友達と一緒に参加してもいいかもしれませんね。

2泊のお泊りを経験できたら、きっとひと回りもふた回りも成長して帰ってくることでしょう。帰ってきたら、川でみつけた生き物のことを教えてくれるかもしれませんよ。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

川であそぼう! ちびっ子団

今年で4年目を迎える年中さん・年長さんに特化したイベントで、川泳ぎデビューに最適です。野外保育の記事で紹介したNPO法人子どもへのまなざしの主催するイベントです。7/21(日)~23(月)の開催。

東京で川遊び? できるんです!

都下の日野市を流れる多摩川・浅川で遊びます。危ないから遊ばない、というのではなく、どうしたら楽しく怪我なく遊べるかを一緒に考えてくれる野外保育のエキスパートがついての3日間になります。

泊りではないので、毎日おうちに帰っての3日間です。子どもの好奇心をドライブさせ、冒険心を大いに満たしてくれる刺激的な体験になること、間違いなしです!

悪天候で川遊びをするには危険と判断した場合は、中止になることもあります。その場合、参加費の一部が返金されるそうです。

ちなみに、川泳ぎに慣れてきたら、年長さんから小3のお子さんが対象の「川であそぼう! がきんちょ団」という姉妹イベントもあります。こちらは8/1(水)~4(土)の4日開催で、今年で10年目になる企画だそうです。

ちびっこ川下り

ルスツリゾートの主催する夏休み限定のアクティビティです。

北海道の西部を流れる尻別川上流を、ゴムボートでゆったりと下ります。関東でもラフティングは楽しめますが、北海道の大自然の中での川下りは、スケールも桁違いでしょう。

ライフジャケットなど、川遊びに必要なものはすべてレンタルできますので、持ち物は着替えとタオルだけ!また、傷害保険の代金が参加費に含まれています。

3歳から、親子で楽しめます。7月中旬から8月下旬までの催行。

山! 森! 海が呼んでいる!

緑豊かな山や森へ

山や森もまた、非日常空間です。
そこで、なにが見つけられるか、なにが起こるか、ワクワクしてきますね!

昆虫博士キャンプ

時代は変われど、虫好きな子どもは健在です!いくら子どもが好きでも、ママはちょっと・・という場合、これは助かる! というキャンプをご紹介します。

NPO法人国際自然大学校主催のキャンプです。

ただでさえ昆虫好きなのに、やはり昆虫好きな他の子どもたちと一緒になったら、楽しすぎると思いませんか?

こちらは「昆虫博士」によるトラップの仕掛け方のレクチャーがつく、マニアックな昆虫キャンプ!ただ昆虫をつかまえるだけでなく、命について、環境について考えるきっかけにもなる内容になっています。

小1から小6まで、7/27(金)~29(日)の回のみ、まだ募集を受け付けていますので、興味のある方はお早めにお問い合わせください。

ストーリーキャンプへようこそ

童話や絵本に出てくる森は、現実には起こらないことが起こる不思議な場所です。もしも、あの絵本に出てくる体験が、この夏、森でできるとしたら・・・?

ちょっと変わったキャンプのご紹介です!

こちらもNPO法人国際自然大学校主催のキャンプ。

森の中には仕掛けがいっぱい! 材料を集めて、子どもなら誰でも知っているあの絵本の中に出てくる「黄色いカステラ」をみんなでつくります。

物語の主人公になりきって、子どもの感性を解き放てる3日間になることでしょう。

開催日は8/12(日)~14(火)、年中さんから小2まで参加できます。

清流王国郡上こどもキャンプ

美しい清流で有名な岐阜県郡上市のNPO団体メタセコイアの森の仲間たち主催のキャンプです。小1から中3まで幅広い年齢層が対象です。

昔からある郡上の子どもの遊びで、高さ12mの橋げたから川への飛び込みがあります。それは、親を始め、周りの大人が子どもを信じ、見守ってきたからこその風習だそう。

郡上在住のスタッフが「見守り隊」として子どもたちの自主性を引き出すサポートをします。市の90%を占める山や森をステージに、子どもたちはのびのびと躍動します。

キャンプは2泊、3泊、6泊と何種類か催行があるようですので、詳しくはこちらでご確認ください。

海を満喫する!

ただ海水浴に行くのではなく、海がグッと身近になりそうなキャンプを見つけました!

海遊び&漁師体験キャンプ

日本旅行 トムソーヤクラブが主催する、ちょっと変わった海が舞台のキャンプです。

世界遺産に登録されている神話の里・熊野(三重県)で、マグロ餌やりが体験できたり、漁港を見学したりします。
最近は魚をあまり食べない家庭も増えていますが、魚への興味も期待できそうです。

もちろん海遊びも満喫!

小3から中3までが参加対象で、今年は7/29(日)~31(火)までの開催です。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なんだか親の方までワクワクしてくるようなキャンプがいっぱいですね!自然体験が失われている現代だからこそ、趣向をこらしたイベントやキャンプもいろいろあるようです。

興味を持たれた方は、早めにチェックしてみてくださいね。