ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・死んで何年も経つの母親NHKから督促状
NHK「死んでから今日までの受信料を払え」
・この場合は払わないといけないのか?

ツイート

何かと問題になっているNHKの受信料問題。受信機があり視聴していたら払わないといけないのはもちろんだが、見てない世帯や受信機すらいのに強引に契約させようとして日々被害を訴える人が後を絶たない。

NHK側も受信料をより多く取れるようにネット接続環境があれば取れるように検討しているとのことだ。

そんなNHKにまつわるツイートが問題となっている。

亡くなってから何年も経つ母親宛にNHKから未払い分の受信料の督促状が届いたのだという。にはもうも住んでおらず、屋根にはBSすら映らないVHFアンテナしかない。NHKにこのことを電話すると仕事の分まで払えの一点りだという。更に転居先の情報を全部渡さないと解約手続きができないとまで言われた。

転居先の情報を渡したら渡したで新たに受信料を払えと言ってきそうなものだが。

今回の問題に対してツイッターでは「色々調べましたが、同じような人がいらっしゃるようですね…」、「全く同じ経験をしました」、「5年視したら時効成立します」という意見が投稿されている。

これから高齢化社会がすすみ、同様の問題が更に多くなりそうだ。
私はNHKが好きなのであえて受信料を払っているが、見てない人まで払わされるのは納得がいかないだろう。もちろん見ていたら払う義務が生じる。

見ていても払わずに督促状を視し続ければ裁判沙汰となるだけである。そんな面倒に巻き込まれるなら受信料をさっさと払ってしまい、受信機出来る環境からくして解約するのが一番だろう。