7月4日()に23となるシングル「いきなりパンチライン」をリリースするSKE48。同楽曲は松井珠理奈が2作ぶりにセンターを務め、チームEの末永桜花佐藤佳穂が初の選抜メンバー入りを果たした。

【写真を見る】初選抜発表時の様子を語った末永桜花

今回は末永佐藤に加え、同じチームEの選抜メンバーである須田亜香里鎌田菜月熊崎晴香菅原茉椰に集まってもらい、SKE4810周年イヤーを熱く盛り上げる同楽曲や初選抜の2人のことなどについて話を聞いた。

■ 「“このグループは熱いな!”って思ってもらえたら」(崎)

――まずは「いきなりパンチライン」がどんな曲なのか教えてもらえますでしょうか。

崎:今回は“情熱”がキーワードで、MV撮影も髪の毛が乱れるのも気にしないでひたすら踊った、しく熱いMVになっています。見ている方に「このグループは熱いな!」って思っていただけたらいいなって思いますし、サビに残るメロディーなので、皆さんに口ずさんでもらいたいです。

――MVを拝見しましたが、火があって暑そうでした(笑)

鎌田:暑かったですね。火があるっていうのもそうなんですけど、実は今回の撮影は踊っている時間がすごく長くて。振り入れで9時間くらいですかね?

須田:振り入れに丸1日使った感じだよね。

鎌田ガッツやらせていただきました。その後の撮影自体もほぼ休憩がなかったんじゃないかっていうくらいの勢いで、6時間くらいぶっ通しで撮って、これができるのがSKE48の1つの強みだなって思いました。髪の毛バサバサになるくらい1回1回にみんなが本気で、くま(崎)も言ってくれたんですけど、「“情熱的”とは何か!?」みたいな、ちょっと“国語の授業”的なこともあったりして。火の熱さを越えた私たちの熱さから皆さんに何か伝わるものがあればいいなと思います。

――“国語の授業”という言葉が出ましたけど、みんなで歌詞読み解いたりとかそういうことですか?

鎌田:例えばですけど、「情熱的なポーズをして」って言われて「何だろう」って考える間があったりしました。今までのSKE48の曲だと“爽やか”とか“元気”というワードが多かったんですけど、今回は“情熱的”という私たちにとってはちょっと抽的なワードテーマで、曲もあまりSKE48にはなかったタイプなので、新しいことを考えるきっかけになりました。

■ 「ありがたいタイミングで発表できて良かった」(佐藤)

――末永さんと佐藤さんは初選抜ですが、選抜入りを聞いたときの心はいかがでしたか?

末永:発表は今回の選抜メンバーが1つの部屋に集められて、湯浅さん(※1)にさらっと告げられたので、サプライズ感はあまりなかったです(笑)。そのときは最初、シングル選抜の発表をされると思っていなくて、何かの企画で選抜メンバーと一緒にお仕事ができるのかなって思っていたんです。発表を聞いたときは全然想像していなかったので、うれしかったんですけど、やっぱりさらっとだったので喜びが表せなくてどうしたらいいか困ってました(笑)

須田:その日そのまま「これからSKE48がどうなればいいか」って会議をしたんですよ。だから「おめでとう」とかそういう雰囲気もなくて、2時間くらい話してたよね?

崎:話しました!

菅原:どうしたらいいか、みたいな。

須田:だからお祝いできなかったね。

菅原おめでとう!(一同拍手)

――この場でようやく(笑)

鎌田:その日はこういう拍手もなく、「今後どうしますか…?」みたいな雰囲気だったので(笑)

――末永さんは「の喪明け」(※2)の歌唱メンバーに入っていたので、正直、ちょっと期待してた部分はあったりしたんじゃないですか?

末永:「遅いぐらいだよ」って言ってくださるファンの方もいたんですけど、「まだ難しいんじゃない?」とも言われていたのであんまりですね。でも、同期の中で3番に選抜に入れると思っていなかったので、すごくうれしかったです。

――佐藤さんはいかがでしたか?

佐藤スタッフさんからのメールが来たときに「もしかして」って思っていた部分もあったので、私も本当にサプライズ感はなかったです。あと、みんなで集合する前に、崎さんと菅原さんと薬局で会ったので(笑)

崎:ばったり会って(笑)

菅原:「これってもしかして…」って。

佐藤:「意外にマンゴー」で同期矢作有紀奈ちゃんが選抜に入ったり、(ユニットの)ラブ・クレッシェンドに次世代メンバーということで井上ちゃんとか野村実代ちゃんが入ったりしていたんですけど、私は今まで選ばれることがなかったので悔しい思いをしていました。でも、ファンの皆さんと積み重ねてきたことが、こうして結果につながったんだなと思うとうれしいです。

――選抜入り発表の場は生誕祭でしたよね。

佐藤:スピーチにすごく悩みました。(ファンに選抜入りを)察してほしくなくて「選抜メンバーに入りたい」みたいなことを…(笑)

崎:言ってた!

佐藤:後で珠理奈さんにツッコまれちゃいましたけど(笑)。でも、ファンの方がの前で喜んでくださっている姿を見られたので、本当にありがたいタイミングで発表できて良かったなって思います。

末永の選抜入りは「ありそうでなかったSKE48の1つの形」(鎌田)

――では、そんなお二人について他の4人から他己紹介をしていただければと思います。末永さんからいきましょうか。

須田末永さんは、褒め上手(笑)

末永ありがとうございます。(褒めていることは)本心です。

一同:(笑)

須田この子の褒め方は、普段がだからストレートに褒められてるって実感があったんですけど、最近は意識して褒めてくるのでちょっと疑ってます(笑)

一同:(笑)

末永:本心なので。

須田:こういうこと言うから(笑)。本当は人見知りらしいんですけど、頑って絡んできてくれたりするので安心して仲良くできます。最初は緊しているのか「お疲れさまです」しか言ってくれない後輩もいるんですけど、頑って喋ってくれるのでありがたいです。

――SNSなどを拝見すると「少しギャルっぽいのかな?」って印もあったりするんですが。

菅原:たまにレッスン着でヒョウ柄のを着てたりして。

須田:レッスン着ヤバいよね?

末永(笑)

菅原:最初の頃、一緒にレッスンする時間が多かったんですけど、そのときに「このヒョウ柄着てるの誰だろう?」って思ったらおーちゃん(末永)で。普段と印が違い過ぎて。

須田:(普段は)イメージ

菅原:あと、清楚が似合う。

末永ありがとう

菅原:なのに急にヒョウ柄を着てたからキャラを変えたいのかなって(笑)。一時期不安に見てましたけど、いいキャラだなって思います(笑)

鎌田:おーちゃんは最初から今まで、「王道路線でいこう」っていう意向がぶれてないというか。私もそうなんですけど、SKE48ってどこかで知らぬ間に“色”が付くんですよ。

――鎌田さんは“若妻キャラ”が付いてたりしますよね。

鎌田:何か勝手に付いちゃうんですけど(笑)。それは自分の武器になったりしてありがたい面もあるんですけど、王道で勝負しようとやってきて、そのまま選抜に登り詰めるっていう姿は、ありそうでなかったSKE48の1つの形だと思うのですごいなって思います。

崎:私から見たおーちゃんは、何事にも一生懸命だなって印です。SKE48の“聖地”を回ってブログを書いたり、SKE48コラボしていただいたお店を店員さん以上に詳しいんじゃないかってくらい調べて、それをファンの方にお薦めしたり、後輩だけどすごく尊敬する面が多いです。前まではで固い感じだったんですけど、最近はMCとかでもツッコミを入れてくれたりもして、素を見せてくれているのでうれしいなって思います。

佐藤は「“面倒くさい彼女タイプでもある」(崎)

――では、佐藤さんについてはどうでしょうか。

須田男性が好きなタイプ

一同:(笑)

須田癒やし系というか、にも垣根を作らずにすり寄ってきてくれる感じが、「あれ? のこと好きなんじゃね?」って思わせるタイプ(笑)

鎌田:勘違いさせるタイプですね(笑)

佐藤ふふふ(笑)

須田:それが女子から嫌われるタイプかと思いきや、そうじゃないからすごいなって私は思います。ニュータイプ(笑)

崎:さとかほ(佐藤)は同い年なんですよ。

須田:同い年なんだ。

崎:そうなんですよ。成人式とかで一緒になることがあって仲良くなったんです。男性に好かれるタイプ女性でもあるんですけど、私は“面倒くさい彼女タイプでもあるなって思っていて。ご飯に一緒に行くと好き嫌いが多くて何も食べられないんですよ。

須田:確かに、さっきケーキ好きそうだから「ショートケーキ食べる?」って聞いたら、「甘いのダメなんです」って。

崎:甘い物が苦手なのに、こないだ「香さん、パンケーキが食べたいんです」って言ってきて。それで、すがやん(菅原)と3人で食べに行ったんですよ。そしたら少しだけ食べて「ちょっと理です」って。

菅原:一口で「ちょっと違うな」っていうのが顔にすぐ出て(笑)

鎌田:何しに行ったの!?(笑)

崎:まず「パンケーキ食べたい」って言うから「ここでいい?」って聞いたら、「はい。行きましょう!」って言ってたのに、そのパンケーキの前に出されたらちょっと顔色が曇ってきたんですよ。

菅原:笑ってるけど、何か表情が違って。

崎:けど「『食べたい』って言ってたしなぁ」と思って。そしたら一口食べて「ちょっと想像してたのと違う」って(笑)

佐藤(笑)

崎:今まで先輩ご飯行ったりとかなかったみたいなんですけど、それは食べられるものが少ないから遠慮して、一緒に行きたいけど誘えなかったらしいです。最近は誘ってくれるし、ちょっとわがままな面も出してくれます。

鎌田:でも、崎もそういうところあるからね!

崎:あれっ!?

菅原チームEはそういうの多いです。

鎌田:「これ食べない?」が口癖(笑)

菅原:(鎌田に)え、何でこっち見たんですか?

鎌田:まやーん(菅原)もよく「これ分けっこしません?」って。

菅原:「分けっこしません?」って言って、大体自分の方が多く取ります。

一同:(笑)

鎌田:あと、さとかほは意外にストイックだなって思います。さっき話していた選抜入りのことを親にも先に言っていなかったって、ファンの方から聞きました。

佐藤:言ってなかったです。

鎌田:まだまだ意外な一面がいっぱいある人だなって思ってます。ずっとニコニコしてるけど、それだけじゃないと思うので、これからが楽しみです。

佐藤ありがとうございます(笑)

SKE48チームE座談会 後編】へ続く。

※1…湯浅洋劇場支配人

※2…AKB48ジャーバージャ」Type-Aカップリング曲(ザテレビジョン

SKE48・チームEの6人が新曲「いきなりパンチライン」などについてトーク