ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
中国でまたも飛び降り自殺
自殺を見たいがために椅子を用意する人まで
男性自殺せずに止められると群衆からため息

飛び降りに説得

日中で19歳の女性が飛び降り自殺し、その群衆が「飛び降りろ」「くしろ」を煽り、更に飛び降りたら拍手と歓が挙がったことから問題となった。
現地警察は、現場で生放送を行った者や動画SNS投稿した者を検挙すると発表。

しかし、同じ中国で似たような事件が起きてしまった。23日中の広東東部汕頭にて、飛び降り自殺を図る男性が現れた。男性は11階建ての建物の屋上にあがり飛び降りを試みた。男性は妻と言い争いの末、自分を責め立て飛び降りを決意したという。

この飛び降りに群衆が集まり、先日の事件同様に建物の下で鑑賞しだした。中には椅子まで持ってきて見学する人まで現れた。それだけでなく男性写真動画生放送で撮影しSNS投稿する人で溢れたのだ。

男性は3時間その場で警察に説得され結局自殺することはなかった。自殺しないことがわかると、群衆は「あーあ、残念」というざわめきと共にその場を解散してしまった。

関連:中国で19歳の女性が飛び降り自殺 群衆が集まり「早く飛び降りろ!」と煽り飛び降りたら拍手喝采

椅子を持参

椅子を持参