いまどきの子どもは、中学または高校進学を機にスマホデビューするのが一般的。親や友達との連絡にも使うスマホは、生活必需品ともいえます。

ゲームをやらせないのはもったいない!? 実は子どもの力になる「勉強との両立」のコツ

ただ、ママとしては「ネットゲームをしすぎるのでは?」と心配になりますよね。

「使用時間は1日○時間」などとルールを決める庭も多いようですが、中高生といえばちょうど反抗期。子どもが全然言うことを聞いてくれず、「結局スマホばかり見ている」と嘆くママにします。

子どもスマホデビューなんてまだまだ先だし」と思っている幼児のママにとっても、他人事ではありません。

ママパパスマホ使いは、子どものお手本。もし幼少期から周囲の大人が1日中スマホを見ていたら、将来、スマホや同様のデジタル機器を使い始めた子どもが同じ行動をとっても仕方ない気がします。

子どもルールを守ってもらうためには、子どもが幼いうちから、親自身が、スマホの使い方に注意しておいた方がいいのではないでしょうか?

ということで今回は、日常スマホの使い方で、ママが見直せるポイントを紹介します。

1.返信や調べものは、子どもがいない時間に

子どもの前でなるべくスマホを見ない方がいいといっても、でもでもスマホをまったく見ないで過ごすのは理な話。

パパ実家から急ぎの連絡が来ることもありますし、子育ての合間に、スマホ仕事の書類やメールチェックしたり、ネットスーパーに食材を注文したりしているママもいます。初めて訪ねる病院やお店への順を調べるのに使うことも多いですよね。

子どもの前だからといって、そういった必要に迫られてのスマホ利用を控える必要はないでしょう。

ただ、できる限り「子どもの前での使用時間を減らす」工夫はした方がいいかもしれません。

たとえば、LINEでの友達への返信や、ママ趣味関連で興味のあるサイトの閲覧。

こうした緊急性の低い、較的時間のかかるスマホ利用は、子ども寝てから、もしくは幼稚園に行っている間などに済ませるといいと思います。それだけでも、子どもに与える印はずいぶん変わるはず。

子どもといっしょにいるときに、必要に迫られてスマホを使う場合も、「ママは今お仕事メールしてるの」「今、地図を調べてるの」などと一言説明すると、子どもを不安にさせずに済むでしょう。

2.の中でのスマホの置き場所を決める

の中でのスマホの置き場所、決めていますか?

さな子どもにとって、スマホは魅惑的なオモチャ。そのへんに放置してあると、気になってさわりたくなりますし、イタズラだってしたくなります。

イタズラ防止のためにもおすすめしたいのが、の中では置き場所を決めて、通話やメールで使うとき以外は、常時スマホスタンドに立てておくこと。

こうするとスマホが、固定電話テレビオーディオと同様に「必要なときだけ使う電」という雰囲気になります。

ムダなネットサーフィンの回数が減って、生活にメリハリがつきやすくなるのもメリットスタンドに立てたスマホ音楽ラジオ番組を聴くこともできるので、楽しみ方の幅も広がります。

子ども動画を見たがったら?

3.動画はいっしょに視聴

動画再生ができるスマホは、外出先で子どもがぐずったときの救世主You Tubeにはアニメ電車動画など、子どもが喜ぶチャンネルがあふれています。

ただ、一度動画の楽しさを味わった子どもが「もっと見たい!」とダダをこねるのもお決まりのパターンです。

そんなとき気をつけたいのは、子どもだけで見せたり、長時間見せっぱなしにしたりしないこと。子どもは一度見始めると止めるタイミングがつかめず見続けてしまいますし、の疲れや視の低下も心配です。

だからといって、子どもが見たがったりさわったりするたびに「ダメ!」を繰り返していると、「スマホはさわったら怒られる悪いもの」というイメージになりがち。禁止されるからこそ、過剰に「見たい」「ほしい」気持ちが募る場合もあります。

ですので、子どもが「動画を見たい!」とリクエストしてきたら、好きなチャンネルママパパといっしょに見る時間を作ってあげるようにするといいでしょう。

「2つだけね」などと約束して見始めれば、見すぎも避けられます。

「これを見た後は、○○の本を読もうか」と同じテーマの絵本の読み聞かせに自然に誘導すると、ちょうどいい親子のコミュニケーションになります。

子どもにとって、スマホタイムが「ママパパとの楽しい時間」になるといいですよね。

    4.子ども写真も、許可を得てから撮る

    最後の見直しポイントは、人の写真を撮ったり、SNSアップしたりするときのマナーにもつながることです。

    ママ赤ちゃんや小さい子ども写真を撮るときは、記念写真以外は、特にをかけずに日常生活のワンシーンをとらえることがほとんど。場合によっては勝手にSNSアップすることも多いと思います。

    しかし、大人同士、他人同士であれば、「撮っていい?」「フェイスブックに載せてもいい?」などと一言聴いて了承を得るのが当然のマナー

    子ども相手だからといって、許可なく撮ったり載せたりしていると、将来、子どもスマホを持つようになったときにも、友達や他の人に対してマナー視した行動をとってしまうかもしれません。その段階で、親が急に注意しても説得がありませんよね。

    赤ちゃんのときは許可を得られなくても仕方ありませんが、子どもが言葉を理解できるようになったら、「写真撮っていい?」「サイト写真を載せて、ママのお友達にも見せていい?」などと、一言聞くように心がけるといいのではないでしょうか。

    以上、幼児のママパパが今のうちに見直しておきたいスマホ使いのポイントについてお伝えしました。

    璧に見直すのは難しいかもしれませんが、上記のポイントを頭に入れてなるべく意識してみるだけでも、子どもに与える印が違ってくるはずです。

    将来、子どもスマホなどのデジタル機器とうまく付き合ってもらうためにも、ママ自身が上手にスマホを使いこなせるようになっておきたいですね。