中国メディア今日頭条は5日、「韓国代表メンバー空港生卵を投げられた、では日本代表メンバーはどのような扱いを受けたか」とする記事を掲載した。

 記事は「今回のサッカーワールドカップ韓国代表はグループリーグ2連敗したものの、3戦で前回王者のドイツに2-0で勝利し、歴史の1ページを刻んだ。選手たちが帰した際には本来、束や拍手で出迎えられるべきだったが、一部サポーターが選手に向かって生卵などを投げつけるという予想外ハプニングが起きた。これらのサポーター韓国サッカー協会やグループリーグ敗退に対して大きな不満を持っていたとのことだ」とした。

 そして、「4年前のW杯でも韓国は16強入りできなかったが、帰時にこのような仕打ちを受けることはなかった。韓国監督はその後、一部サポーターは02年日韓W杯のような歴史的な結果を望んでいたようだとっているが、その希望明らかに身の程知らずだ」と評している。

 その一方で、アジア勢で一決勝トーナメントに進出し、ベルギー戦で惜しくも敗れた日本代表について「5日に帰して選手たちが飛行機から降りてくると、サポーターメディア関係者約1000人の熱な歓迎を受けた。その場面は実に壮観で、みんな心から自英雄の帰還を歓迎しているようだった」と伝えた。

 記事は、「自分たちのチームを支えてくれるこういうサポーターがいれば、チームも強くなっていくものだ。中国サッカーの現状はダメだが、わが中国には最高のサポーターたちがいる」としたうえで、中国ネットユーザーから「これがもし中国だったら、空港に何十万人もの人がヒーローを迎えに来たことだろう」、「きっと空港が人でいっぱいになるね。ただ、生きているうちに実現するかは分からないが」、「飛行機が着陸する場所すらないかもね」といった感想を残したことを併せて紹介している。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

帰国した空港で生卵を投げつけられた韓国代表、大歓迎を受けた日本代表=中国メディア