毎年新に全各地の神社で行われる「占(かゆうら)」事は、神社によって「よねうら」「筒・管(つつがゆ、くだがい)」とも呼ばれるが、その名の通り“の煮え具合”で農作物の収穫や世相の吉、さらに災の発生を占うものだ。7年前、諏訪大社長野県)の占が東日本大震災の発生を的中させるなど、その精度は高い。では今年、6月18日に発生した大阪北部地震(M6.1)を予言していた神社はあったのだろうか? そして、今年後半も大災害には要注意なのか? ここでめて、今年1月に報じられた各地の重要な事の結果を確認しておこう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/07/post_17447_entry.html


曽(いたきそ)神社

 1月14日岐阜県高山市神社で行われた「管事」では、なんと今年のスポーツの結果まで占われた。すると平昌冬季オリンピックで、スキージャンプ女子伊藤有希選手(24)に期待できるという結果が出た。だが、ノーマルヒル予選で伊藤選手は9位となり敗退、残念ながら占は外れたということになるだろう。とはいえ、好敵手の高梨沙羅選手がノーマルヒル銅メダルいた時、伊藤選手はよりも先に高梨選手に駆け寄って抱きしめ、一緒に涙を流した。この感動的なシーンは「人を思いやる心はメダル級」などと報道され、ネット上でも「人間性にとても感動した」などと絶賛。メダルは逃したものの、たしかに“期待が持てる”選手となった。

 プロ野球では、今年のペナントレースについて、セ・リーグ広島阪神が好調になると出たが、現時点では広島1位阪神は3位となっている。パ・リーグでは西武ソフトバンク楽天が好調との結果だったが、現在西武1位ソフトバンクは3位で楽天は最下位。このまま行くと、占い通りに広島西武が優勝して的中という可性もあるだろう。


神社

 伝統的に2月半ばに占を行い、1カ後の3月半ばに結果を発表する佐賀市神社の「御試(おかゆだめし)」では、今年は全体的に赤色が多く、火災が多い「大」の年で、緑色も少ないことからが少ない年になるという。総評としては、「干ばつまではいかないが、が少ない年」とされた。昨年は各地でによる被害が相次いだが、今年は梅雨明け前からすでに猛暑が始まっており、その通りになっていると考えることもできる。もっとも、現時点では列各地で記録的大となっているため、1年を通しての最終的結果はまだわからない。


諏訪大社

 占の結果が全的に話題となる長野県諏訪大社1月15日に行われた「筒事」では、五分満点の「三部五厘」となり、今年は「三行半」(みくだりはん)を意味する大相となった。実はこれと同じ結果が2011年に出たが、その2カ後に東日本大震災が発生しているだけあって視できない。権宮の総評では「今年前半はよくない。注意が必要」としていたが、その今年前半がもうすぐ終わろうかという6月18日大阪北部地震が起きて全的中となった。参考までに、2011年以降の筒事の結果を以下に示しておこう。

2011年 世相:三分五厘 → 東日本大震災
2012年 世相:三分六厘
2013年 世相:三分六厘
2014年 世相:三分七厘
2015年 世相:三分七厘
2016年 世相:三分六厘 → 熊本地震
2017年 世相:三分六厘
2018年 世相:三分五厘 → 大阪北部地震


■千(ちりく)八幡

 最後に紹介するのは、その高い的中率ゆえにトカナで毎年取り上げている佐賀県三養基みやき町の千八幡宮だ。3月15日に行われた「御試」(おかゆだめし)で、今年は全体的に「の実りが豊かで年間を通して良い年である」として、10段階中の「八分」という結果となった。だが、大台風)と地震については「見ゆ」(兆しが見られる)となり、警が必要とされた。その後、大阪北部地震が発生して警告は現実となった。さらに現在、停滞する梅雨前線の影九州北部は記録的な大に見舞われている。福岡県長崎県のほか、千八幡宮がある佐賀県でも大特別警報が発令され、各地で土砂災害などの被害も出ている状況だが、これも御試が的中したと考えてよいだろう。

 今年後半については、「心構えが必要。猛暑になりそうなので注意を」との総評が発表されている。さらなる大地震台風の発生には注意が必要だ。過去には福岡県西方沖地震2005年、M7.0)、長野県断層地震2014年、M6.7)、熊本地震2016年、M7.3)と数多くの災を予言してきた神社だけに、この予言を軽んじてはいけない。


 こうして見てきたように、占の的中率は人間による占いとは較にならないほど高い。やはり、古来より日本を護ってきた々だからこその結果だろう。そのをおろそかにしてはいけない。前述の千八幡宮の東宮は、「近年来ると言われている『南海トラフ地震』や『東海地震』などの大きな災害に対して気を付けることはもとより、局地的な大や、コースを大きく変えてくる台風に対して備えておきましょう」と警告している。あらゆる災がだんだん近づいているとの危機意識を持ち、防災への備えを確認しておこう。

(文=百瀬直也)


イメージ画像:「Thinkstock」より

イメージ画像:「Thinkstock」より