Image: bel & bel

自分で塗装ステッカーチューンする楽しさも!

いつまでも変わらずレトロキュートスタイルが特徴のベスパ。1946年に登場したイタリア製のスクーターですが、もしもバランスのみで移動する電動立ち乗り二輪車セグウェイ合体したら、どんなデザインになるでしょうか?

これはバルセロナにあるスタジオbel & belが、ベスパデザインしたコラディーノ・ダスカニオから影を受けて作った「Z-SCOOTER」。ライト量は縁の金属を触って調節。重さ10kgのハンドル防を取り外せば、たった20kgの重量で持ち運びも可という世界初の自立電動スクーターなんです。

最高速度は時速20kmで、3~4時間の充電で35km距離を走破します。バッテリーTeslaの「モデルS」で使われるスーパーリチウム電池を採用しており、普通スクーター用より50もパワフルとのこと。さらにはBluetooth接続により、スマートフォンから遠隔操作だってできてしまうのです。

気になるお値段は5,950ユーロ(約77万円)ですが工場渡しのため、個人で輸送と輸入手続きが必要となります。色は特注で何色でも塗装してもらえます。なのでたとえば、こんなバリエーションも……。


Image: bel & bel
Source: vimeo via designboom via bel & bel, Instagram via Z-SCOOTER

岡本玄介