ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・六本木のキャバ嬢が愛犬プードルを虐待
・糞の始末が悪いなどの理由で物を投げつける
・犬は怯えてシンクに逃げ込む

プードルに虐待

六本木のキャバクラ店に勤めるキャバ嬢が自身の愛犬であるプードルを虐待する動画がInstagramに投稿され批判を浴びている。

既に投稿者はInstagramから動画を削除しているが、別の人物が虐待の事実を知ってもらうためにTwitterに転載する形で投稿し「動物は飼い主を選べないから本当に可哀想」とツイート。

動画はケージの中を映す映像から始まっており、動画の下には説明が書かれている。ケージの中のトイレの糞を犬が踏んでしまい、マットにおしっこしたことに飼い主が激怒。

飼い主はカメラを移動させ、シンクに隠れている犬に向けて物を投げつけるという酷い映像。

犬の足を見ると既に足が折れており、それに対して「もう一本折ってやろうかと思った」と怒っている。普段からこのような虐待を受けてそうなプードル。

この動画を見た人が動物愛護団体に多数の通報をしているようだ。Twitterには「動物虐待してるやつはしね」、「動物虐待するやつほんま死んでくれ頼むから」、「それを動画にあげる神経おかしいし」、「動物虐待する奴同じことされればいーのに」という意見が挙がっている。なおこの虐待を行っていたキャバ嬢は自身のInstagramのアカウントを削除。

追記:2018年7月11日 4時30分

勤務していたキャバクラ店が動き犬を買い取るという条件でプードルを保護。Twitterに保護された犬の写真が掲載された。

続報:キャバ嬢が愛犬プードルを虐待しその動画をSNSに公開 → 店側が買い取ることで犬を保護

動画は自己責任でこちらからご覧ください