レスター奇跡の優勝の立役者、今年1月の“最終日破談”を乗り越え念願の加入

 レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの、マンチェスター・シティへの移籍が正式に決定した。クラブ公式サイトが伝えている。

 マフレズはフランスのル・アーブルから2014年にレスターに加入した。当時はまだ2部だったものの、加入後に大きな飛躍を遂げ、プレミアリーグ昇格2年目の15-16シーズン、奇跡のプレミア優勝に貢献。PFA年間最優秀選手賞にも選ばれる大車輪の活躍を披露していた。

 その後もコンスタントに活躍し、今年1月にはシティ加入の可能性が高まっていたが、移籍市場最終日にオファーが届きながらレスター側が放出を容認せず、最終的に破談。クラブの対応に不満を抱いたマフレズは、その後無断で練習をボイコットする騒動に発展していた。

 そして今夏にようやく実現したシティ加入だが、マフレズは公式サイトを通じて、喜びのコメントを残している。

「シティに来ることができ、ジョゼップ・グアルディオラの下で偉大なフットボールに取り組むことができることに満足している。彼らのスタイルを客観的に見ていても、本当に誇らしいものだった。ペップはアタッキングサードでのプレーに力を入れている。それは僕にとってパーフェクトなことだ。彼らはイングランドのサッカーの常識を覆した。そして、僕もぜひその一部になりたいと思っている」

 英紙「ガーディアン」によると、移籍金はクラブレコードの6000万ポンド(約89億円)で、ボーナスを含めて総額7500万ポンド(約111億円)まで上昇する可能性があるという。

 レスターでは日本代表FW岡崎慎司と競演してきたマフレズだが、新シーズンからはスカイブルーのユニフォームを身にまとい、プレミア王者の一員としてプレーすることになる。


(Football ZONE web編集部)

マンCへの移籍が決まったマフレズ【写真:Getty Images】