ホンダは、コンパクトでらしいスタイリング原付2種レジャーモデルモンキー125」を2018年7月12日に発売する。

「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」の魅力引き継ぐ

楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する"アソビの達人"をコンセプトに開発。従来の50ccモデルモンキー」の特徴「シンプル」「コンパクト」「らしさ」などの不変的な魅を引き継ぎつつ、125cc強く扱いやすい出特性エンジンや取り回しやすいサイズ感、親しみやすいデザインにこだわったという。

スタイリングは、前後長を短く上下にボリュームを持たせた台形シルエットを採用し、スチール製の前後フェンダーマフラーカバークローム仕上げに。エンジン冷・4ストローク・OHC単気筒に4速マニュアルトランスミッションを組み合わせることで、地で多用する回転域では強く、ツーリングではスムーズな出特性になっている。体はしなやかさと剛性を併せ持ったバックボーンフレームを採用。脚まわりにはバネ下重量を軽減する倒立フロントフォークや、強度のある専用設計スイングアームを搭載した。

ブレーキは制動フィーリングに優れた前・後ディスクを採用し、フロントのみABSアンチロックブレーキシステム)を装着したタイプラインアップタイヤは12インチブロックパターンタイプを装着することで、レジャー感を強調した。また、高密度ウレタンを採用したクッション性に優れたシートを採用するなど、快適な乗り心地と剛性感、しなやかさを兼ね備えた操作フィールえている。

カラーは情熱を表現するパールネビュラレッドと、若々しさを表現したバナナイエローの2色。コンパクトな体の存在感を強調している。さらに、燃料タンクを体色とホワイトのツートーンとした。

価格は399600(税込)~43万2000円(同)。<J-CASTトレンド>

コンパクトで愛らしいスタイリングの新型モデル