ビール大手5社が11日発表した2018年上半期(1~6月)のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)出荷量は、前年同期比3.6%減の1億8337万ケース(1ケース=大瓶20本換算)となり、6年連続で過去最低を更新した。値上げで消費者のビール離れが加速した一方、節約志向などを追い風に低価格の第三のビールが5年ぶりに増加へ転じた。

 昨年6月に酒類の安売り規制が強化され、店頭価格が上がったことから、安価な缶酎ハイなどに消費が流れた。今春に各社が主に業務用のたるや瓶入り製品を値上げし、一部の飲食店が提供価格を上げたこともビール離れを加速させた。