北朝鮮朝鮮労働党機関・労働新聞は10日、日本安倍政権が朝鮮半島情勢を「軍事化と再侵略野望を実現する口実」にしていると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「自衛隊の攻撃力は一流になった」北朝鮮メディア

論評は、「朝鮮半島に漂っている和解と緊緩和の雰囲気が、戦争国家を志向する日本の前途に暗い影を落としている」としながら、「安倍一味が神経らせ、朝鮮半島で自分らの願わない変化が起こるのではないかと居ても立ってもいられないのは、決して理由なきことではない」と摘した。

また、「日本に地域の平和と安定を願うなら、過去、わが民族に被らせた罪悪を清算する勇断を下すべきであり、懐にしのばせた物から捨てなければならない」と

続けて「日本過去清算に顔を背け、反朝鮮敵対意識だけを鼓吹していては永遠に政治的孤独感から脱することができない」と強調した。

朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議を指導した金正恩氏(2018年5月18日付朝鮮中央通信より)