みんなの反応

昔は木材とか燃える者は炊事・風呂の燃料に食する事が出来ない物は田畑の肥料になったのに、現在は全て焼却場で処分する事になっている。これから処分品を受け入れるのだが、受け入れる土地の確保も出来るのだろうか。これから運ばれて来る食料や飲料水の容器関係これまたゴミとなる。ジレンマだよ (すすむくんさん)

こういう環境だとアシストスーツみたいなのを使うのは難しいのかな (nekohigeさん)

県内外の被災をまぬがれた役所の方が別口で罹災証明の申請窓口を作ったり、遠回りや迂回するなりでがれき撤去の優先時間帯を設定するとかいろいろやれそうだけど、それにも手が回らないのが現状ならとても大変なんだろうな。自分には微細な寄付しかできん。 (志士丸@さん)

交通インフラが全然足りていない証拠なのでは (jinさん)

災害が起きるたびに物を減らそうって思うんだけど、喉元すぎれば何とやら。100均の雑貨とか小物を無駄に溜め込むのから改善するか… (メガネさんさん)

他のコメントも見るこの記事の本文は、公開期限切れのため掲載を終了しています。
コメントのみ表示しています。