リークされた中国人民解放軍の内部資料によると、中国2015年末から進める大規模な軍の組織革では、これまでの「土防衛」から「外向」にスイッチし、軍事的影海外に拡する方針であることが明らかになった。文書では、中国共産党政権が米国日本ロシアを先例とし、「大軍事であることが不可欠」と覇権を狙う野心を表した。

共同通信が内部資料を入手し、3日に報じた。文書は、中国軍の最高機関である中央軍事委員会の政治部門が、習近平席による「強軍思想」を教える教材として、2018年2月に内部で配布したものだという。

これまで組織革は、揮系統の近代化などと説明されてきたが、方針転換していることが、このたびの文書で明確になった。中国軍の拡が続けば、東シナ、南シナ朝鮮半島台湾など、日本をはじめとする周辺との摩擦が強まる可性がある。

防衛から外向へ転換する理由について、「中国益がを越え広がるにつれて、緊急にグロバルの安全保障を維持する必要がある」としている。また、「強い軍事は強になるためには必要不可欠であり、米国ロシア日本の発展がこれを明している」と3を先例にした。

文書は「より影を与えられる状況を作り、危機を抑え、紛争を収め、戦争に勝つ」ために、軍隊の米国を上回ることをすとある。

また冒頭で、軍の組織革は、軍の最高導者である習近平席による「強軍思想」に基づき、中国の特色ある新社会主義に則るべきだとした。

さらに、米軍を「曲がりを走る遅い」と例え、ハイテク兵器や最新兵器により軍事プレゼンスで優位に立つことができると鼓舞している。

ロイター通信は7月5日米軍ロシア中国に対して軍事技術の優位性が失われつつあると報じた。記事によると、中国は、対艦・対空ミサイルシステムを急速に拡大し、盗用したと考えられる設計図で「産」ステルス戦闘機弾道ミサイルなどを開発している。

をしのぐ強米軍は、同時に世界中に展開している。いっぽう、ロシア中国は「裏庭」と例えられるイラン北朝鮮のような敵対における戦闘に、ほぼ全軍事を注ぐことができる。開戦となれば、米軍や同盟がかなり不利になる恐れがあるという。

自衛隊の元最高幹部・渡部悦和氏は2017年末に発表した著書『戦争』では、米国軍事専門エルサカニア氏の分析を引用し、中国軍AI技術を軍の兵器として開発に注している点を挙げた。

それによると、習近平席による「軍民融合」とは、民間AI人工知能)技術を軍事転用し、「AIによる軍事革命」を実現することが含まれる。この革命の特徴は、ロボット無人機ドローン)、水上水中船などの無人機AI技術を駆使した兵器を保持することだという。

ロイター通信は、第2次世界大戦中の核兵器競争に匹敵するほど、将来の戦争にはAI軍拡競争が重要になると摘している。

(編集・佐渡世)

南シナ海スプラトリー諸島にある、ファイアリークロス礁を人工的に軍事拠点に変える中国人民解放軍 (U.S. Navy/Handout via Reuters/File Photo)