(MIXA next/Thinkstock/写真はイメージです)

しらべぇ既報のとおり、東京・目黒区のアパートで3月に女児(5)が父親の男(33)からの暴行で死亡した事件で、起訴された男が大麻を所持していたとして11日朝に追送検されたことがわかった。

父親としてあるまじき姿に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

■大麻や指定薬物が見つかる

男は目黒区の自宅で乾燥大麻数グラムを所持していたとみられている。

報道によれば、女児に対する虐待事件で傷害の疑いで家宅捜査をした際、乾燥大麻数グラム入りのポリ袋や指定薬物を含む液体数ミリグラム入りの瓶、パイプなどの吸引具などが見つかったという。

なお、男は警察の調べに対して黙秘を続けているという。

男は1月下旬頃から女児に十分な食事を与えず、栄養失調状態に陥らせ、暴行を加えて虐待。保護責任者遺棄致死と傷害の罪で起訴されていた。

亡くなった女児は、部屋に手書きのノートを遺しており、

「あしたはもっともっと できるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ほんとうにもう おなじことはしません ゆるして」

と悲痛なメッセージを訴えていた。

■「どこまでクズなんだ」

残酷な虐待に加え、大麻を所持していた男。報道を受け、ツイッターや『Yahoo!ニュース』のコメントでは男に対する非難の声が相次いだ。

「こんな人が父親なんてかわいそう…」と父親としての資格を問う声や、「人間として失格」といった厳しい声も見受けられる。

・クズすぎてもう…どこまでクズなんだ

・人間のクズを地でいってるような奴。こんな奴に殺された女児がかわいそうでならない

・クズはどこまでもクズというわかりやすい例。いまだに黙秘してるけど、自分の子供をどうしようが俺の勝手だろとか思ってそう

■「こんな男を選んだ母親もどうかしてる」

また、男と一緒に虐待したとされる女児の母親へも、「我が子よりも大麻をやっている男を選んだ」といった厳しい非難が寄せられている。

・例の5歳児のはこうなったんかー。薬物依存な父親とその父親に依存してる母親の問題になってまったんかあ…

・言いたかないが薬までやってるこんなのと結婚した母親の罪が重いわ

・異常だとは思ったけど、大麻までやってたの。娘より、こんな男を選んだ母親もどうかしてる

・子は親を選べないとは言うけれど、この母親は再婚相手を選べることができたのだから、なぜこのような男を選んでしまったのだろう。そう考えると、母親として娘のことは考えておらず女としての自分中心だったということなのだろう

■毒親に育てられた人は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,371名に調査したところ、およそ6人に1人が「毒親に育てられた」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

年代差や男女差もあるが、6人に1人という割合はけっして低いとはいえない。今回の事件は「毒親」の範疇を超えているが、この中には虐待にあっていたという人もいるだろう。

亡くなった女児の冥福を祈るとともに、事件の全貌が明らかになることを願いたい。

・合わせて読みたい→目黒区虐待死 死亡する前に女児が母親へ訴えた「悲痛な言葉」に怒りが相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代の男女1371名

目黒・女児虐待死、父親に大麻所持容疑 「どこまでもクズ」と非難殺到