セガ・インタラクティブおよびC2プレパラートは7月11日、スマートフォン用ゲーム「アビス・ホライズン」が同社の「艦これアーケード」の著作権などを侵害しているとして、東京地方裁判所に対し、同ゲームの日本国内における配信差し止めなどを求める仮処分命令申立てを行ったと発表しました。アビス・ホライズン側はこれを受け、「著作権を侵害した事実は一切ない」と反論しています。

【その他の画像】

 「アビス・ホライズン」はMorningTec Japanが6月28日にリリースした、スマートフォン用“艦船擬人化”ゲーム。セガ側は同作が「艦これアーケード」の著作権を侵害しているほか、不正競争防止法違反にも該当すると主張。これを根拠に申し立てを行ったとしています。

 これを受けてアビス・ホライズン側も同日、Twitterおよび公式サイトで見解を発表。アビス・ホライズン側はあくまで「セガ及びC2の主張には理由がなく、『アビス・ホライズン』に違法な点はないと考えています」と主張しており、裁判でもその正当性を主張していくとのこと。また、セガ側とは当初から話し合いによる解決を望んでいたとしつつ、このような申し立てを受けたことについては「誠に遺憾に感じております」ともコメント。Twitterでも「今回の件の影響によって、サービス終了になることは絶対にないことをユーザーの皆様にお約束致します」と呼びかけています。

 「アビス・ホライズン」を巡っては、リリース前から「艦これアーケード」に似ているとの指摘が相次いでおり、「艦これアーケード」公式サイトでも6月28日、類似ゲームについて注意喚起を行っていました。

どこかで見たような「完全勝利S」