石油の元売りを手がける昭和シェル石油と出光興産7月10日2019年4月に経営統合することを発表した。両社は2015年、統合に関する基本合意を結んだものの、出光の創業が社の違いなどを理由に反対。数年の間、着状態が続いていたが、出光の商号を残すことなどを条件に、合意に至った。

出光興産は、昭和シェル子会社化になる。商号は「出光昭和シェル」となるが、統合後一定期間は、両社の既存ブランドを併用する。

横顔はギリシャ神話の男神「アポロ」とされている


こうなる?と予想された、サンドロ・ボッティチェリの名画「ヴィーナスの誕生」

報道を受けネットでは、統合後のロゴマークがどうなるのか気にしている人も多い。中でも、出光興産をなびかせる横顔ロゴと、昭和シェル石油のホタテロゴを合わせ、ボッティチェッリの名画「ヴィーナス誕生」のようなものになるのでは、と考える人も多い。

「経営統合でヴィーナス爆誕
出光昭和シェルの統合でロゴがどうなるのかって流れてきたんだけど、の上に立つビーナスで決まり!だと思った」
「新ロゴヴィーナス誕生以外に考えられない」

こうしたツイートを見るに、多くの人が、横顔女性のものだと認識しているようだ。しかし、実はあの横顔男性だ。出光興産のサイトを見ると、同マークが「アポロマーク」であり、その由来についても説明がある。

アポロApollo)はギリシャローマ神話に登場する太陽で、ジュピターゼウス)の子といわれます。男らしい美と若さの極致として現され、強太陽の矢で悪を焼きつくすとともに、やさしいをおくって収穫をもたらし病を癒します。また自ら琴を奏でる音楽でもあり、託によって未来を知らせる予言のともされています」

こうしたことから、

ネタにマジレスだけど、出光マークアポロだからヴィーナスじゃないよな」
出光アポロ)+昭和シェル殻)=ヴィーナスってツイートが流れたことあったけど、それ性転換だぞ!」

といったツッコミも出ていた。

工業・船舶用の製品に使われているダフニーマークを使えばそれっぽくなる?

もはやこれまでとも思えた経営統合による「ヴィーナス誕生」だが、まだ可性は残されている。実は、同社のロゴマークは2つある。

ガソリン灯油軽油等の燃料と自動車用高級潤滑油、関連サービス製品の商標である「アプロマーク」と、工業用・船舶用の高級潤滑油商標の「ダフニーマーク」だ。ダフニーは、ギリシャローマ神話に登場するの精の「ダフネ(Daphne)」に由来する。ヴィーナスではないが女性なので一応それっぽくはなりそうだ。

経営統合後のロゴマークについて、両社から正式なアナウンスはされていない。ロゴ予想で盛り上がるネットを見る限り、お披露を楽しみにしている人も多そうだ。