スマートフォン向けアプリ『アビス・ホライズン』を配信・運営しているMorningTec Japanは、2018年7月11日、セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の日本国内での配信等の差し止めを求める仮処分命令申立てを東京地方裁判所に行ったことについて、公式声明を発表した。


 MorningTec Japanの発表では、「セガ及びC2の主張には理由がなく、「アビス・ホライズン」に違法な点はないと考えています」と、セガ・インタラクティブ側の主張を否定。今後裁判手続きを通じて正当性を主張していく考えだとしている。
 また『アビス・ホライズン』公式Twitterでは、「今回の件の影響によって、サービス終了になることは絶対にないことをユーザーの皆様にお約束致します」と、サービスの継続に対する強い意欲が表明されている。


「『アビス・ホライズン』のMorningTec Japanがセガ・インタラクティブの申立てについて公式声明を発表、「違法な点はない」」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)