ロート製薬目薬を発売してから、来年で110周年。時代に合わせて常にアイケアの習慣を啓・提案し、「NEVER SAY NEVER」の精日本人を守ってくれています。
そんなロート製薬目薬について極めた結果、まったく新しい地に突入してしまったんだそう。そのを集めた、革新的かつ新な企画展が、7月8日(日)に開催されました。

独創性がスゴイ!実際に試せる作品も

展示会のタイトルは、「世界の瞳は思った以上に過酷なにあっている展」。ロート製薬が人々の健康真剣に考え抜いた結果できあがった、リアルだけれど「そこまでする!?」とツッコミたくなる “目薬”が開されました。

並べられたのは、日本アイスランドオーストラリアカザフスタンの4カで起こっている健康にまつわる問題や、点眼の際の苦労を解決し得るプロダクト。

ブルーライトによるドライアイに悩む日本

デジタルデバイスの普及率が高い日本では、ブルーライトによる眼精疲労に悩まされる人の数も、世界トップレベルであろうことが想像できます。
そこで作られたのが、東洋の秘と謳われる「ツボ」を刺しながら点眼できる目薬。枝のように広がった突起が、の周りのツボを刺し、蓄積された披露にアプローチするんだとか。

ちなみにこちらは、実際に試せるもモデルの用意も……!

点眼しながらツボ押しまでできちゃう画期的なアイディアの周りにほどよい刺が加わり、すっきりとするような感覚がありました。目薬の効果アップも期待できちゃうかも……?

寒冷地で目薬が凍るアイスランド

日本では考えられないことですが、寒冷地であるがゆえに、使用している目薬が凍ってしまうことがあるというアイスランド
そこで考案されたのが、中の液体を温められる機を搭載した目薬です。これなら、確かに点眼の際に困ることもなさそうですね……!

点眼時の外線が厳しいオーストラリア

目薬をさすときの動作を、1度やってみてください。

……いかがでしょう? まず、思いっきを仰ぐのではないでしょうか。
この動作って、実はオーストラリアのような外線の強いでは非常にに負荷をかけてしまうのです。目薬をして瞳の健康を守るはずが、逆に危険にしてしまう。
そんな問題に対応するために作られたのが、下を向いたままでも点眼が可な蒸気式目薬です。

これ、従来の目薬にさしにくさを感じ、苦手意識を持っていた人にとっても画期的なアイテムといえそう。

砂漠での危険に怯えるカザフスタン

カザフスタンにおける砂漠での生活者は、人口の約50にのぼるといわれています。砂漠といえば、足元が不安定であろうことは想像に難くないですよね。
そんな環境下での点眼に対応すべく考案されたのが“ジャイロつきの目薬です。

どんな揺れが生じても、アイセンサーが常に一定の度を保ってくれるため、目薬が必要な時に状況を選ばず使用することがうんだとか。

その他、会場ではに優しいお茶が楽しめるカフェスペースも展開。“ (eye)がく(bright)”が名前の由来といわれている「アイブライト」と、ブルーベリーよりも多くのアントシアニンが含まれているという「バタフライピー」が、無料提供されていました。

とにかくに向き合った結果生まれたアート展

説明を読めば、なるほど確かに必要かも……!と思う機が搭載されているものの、常識的な“目薬”の範疇をはるかに飛び出た新なプロダクトばかりです。その実、アート作品としてだけ見ていても、会場の雰囲気と相まって近未来的で面い!!

それもそのはず、今回のプロダクトの制作パートナーを務めたのは、金沢を拠点に活動している新進気鋭のものづくり集団「secca(雪花)」。
でも、そもそもどうしてロート製薬はこんな展示を行うに至ったのでしょうか? 今回の企画背景を、ロート製薬メディアプロモーション部の木下さんにお伺いしました!

――このような展示を行おうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?
「弊社の目薬発売から、来年で110周年を迎えるにあたって、あらためて皆様に健康アイケアについて考えてもらう機会を作りたかったからです」

――出来上がったものを見た時は、いかがでしたか?
「各地の課題に対応するために、一度『制約』や『限界』をはずして、夢や理想を膨らませながら真剣に考え抜きました。結果はなかなか奇抜なものに仕上がりましたが(笑)突っ込みどころ満載ですが、皆様に興味を持ってもらえたら嬉しいです」

――この中から実際に商品化する予定のものはありますか?
「理想をいえばどれも商品化して、現地の方に届けたい。この4カのものだけではなく、もっと多くの地域……理想は世界中の々の課題に対応するような商品を開発して発売したいくらいです」

――今後どんなものができるのか、楽しみにしています! ありがとうございました!!

“最高の一滴”をす、これからのアイケア

地域ごとの悩みに寄り添う目薬を作り出すなんて、100年以上ものことを考え抜いてきたロート製薬だからこそできることではないでしょうか。
PCスマホの出現などでめまぐるしく生活環境が変わっていく中、健康を守ることの重要性は高まります。これからも「それぞれの瞳に合わせた“最高の一滴”を生み出していきたい」とロート製薬目薬があれば、世界中の様々な課題を解決できるかも。
皆さんもこれを機会に、あらためてアイケアについて考えてみてはいかがでしょうか?

(文:ソーシャルレンドニュース編集部)

提供/関連リンク
ロート製薬

EXPO 2018

【目EXPO2018】ロートが考える、目薬のリデザインを一足早く体験!