【ベルリン時事】ドイツでトルコ系移民ら10人を殺害した罪に問われたネオナチ組織の女、ベアーテ・チェーペ被告(43)に対し、ミュンヘン上級地裁は11日、求刑通り終身刑を言い渡した。事件は発覚当時、ドイツ社会に衝撃を与え、訴訟も「戦後最も重要な右翼テロ裁判」(シュピーゲル誌)と位置付けられていた。

 判決は、10人の殺害すべてについて、チェーペ被告の関与を認定。武器提供などで協力した男4人に対しても、禁錮2年半~10年の刑を言い渡した。チェーペ被告の弁護人は、連邦裁判所への上訴を表明した。

 チェーペ被告は、一連の事件の実行犯とされる男2人と共に、「国家社会主義地下運動(NSU)」と名乗る組織で活動。2000~07年に移民9人と警察官1人を殺害したなどとされる。 

〔写真説明〕トルコ系移民ら10人を殺害した罪に問われたネオナチ組織のベアーテ・チェーペ被告=2017年11月、独南部ミュンヘン(AFP時事)

トルコ系移民ら10人を殺害した罪に問われたネオナチ組織のベアーテ・チェーペ被告=2017年11月、独南部ミュンヘン(AFP時事)