神戸製鋼所による品質検査データ改ざん事件で、同社側が東京地検特捜部の捜査に、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑を認めていることが関係者への取材で明らかになった。特捜部は法人としての同社を立件する方針を固めた模様で、警視庁が近く書類送検する見通し。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

神戸製鋼所東京本社に入る東京地検特捜部の係官ら=東京都品川区で2018年6月5日、宮間俊樹撮影