総務省は11日、人口動態調査を発表した。住民基本台帳に基づく1月1日現在の日本人の人口は、前年より37万4055人少ない1億2520万9603人だった。人口減少は9年連続で、減少幅は調査を開始して以降最大となった。一方、日本人と外国人を合わせた総計に占める外国人の割合は、これまでで最高となった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら